03.01.2018 22:38 - in: マッチレポート S

      トリノダービーを制し、コッパイタリア準決勝へ!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユヴェントスはトリノとのコッパ・イタリア準々決勝でドウグラス・コスタとマリオ・マンジュキッチによるゴールで勝利している

      ユヴェントスは2018年の公式戦初戦となったコッパ・イタリア準々決勝のトリノダービーにて、ドウグラス・コスタとマリオ・マンジュキッチのゴールで快勝している。

      準々決勝で実現した「ダービー・デッラ・モーレ」で立ち上がりから攻勢に出たユヴェントスは16分に早速先制ゴールを挙げる。ペナルティエリア手前でパスを受けたパウロ・ディバラのワンタッチが少し大きくなったところをトリノの守備陣がクリアしきれず、ディフレクションをドウグラス・コスタがダイレクトボレーで合わせ、ゴールネット右隅を揺らす。

      ユヴェントスに先制ゴールを許したトリノだったが、すぐに決定機を作る。GKヴァンヤ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチからのロングフィードは誰にも触れずにそのままユヴェントスのペナルティエリアまで達すると、これにFWエムバイ・ニアングがダイレクトでシュートを放つ。ただこれは惜しくもファーポストを叩き、同点には至らない。

      一方追加点を狙うユヴェントスは、ドウグラス・コスタが右サイドからキレの鋭いドリブルでペナルティエリア内に侵入すると、中央に走りこんできたディバラにマイナス気味のパスを出す。これにディバラが左脚でダイレクトで合わせるもミリンコヴィッチ=サヴィッチの好セーブに阻まれる。

      ユヴェントスは1点リードで後半へ折り返すと、その後半開始早々にもいきなり決定機を演出する。ドウグラス・コスタが右サイドの空いたスペースに走りこんできたDFステファン・リヒトシュタイナーにパスを出すと、そのパスを受けたリヒトシュタイナーがクロスを上げる。このクロスに最後はマリオ・マンジュキッチが頭で合わせるも、トリノ守備陣に当たり、惜しくもクロスバーの上を超えた。

      それでも攻勢を続けるユヴェントスは67分、ディバラのパスがトリノ守備陣に当たり、そのディフレクションをマンジュキッチが拾うと、最後はミリンコヴィッチ=サヴィッチとの1vs1の局面で落ち着いてループシュートで決め、待望の追加点を奪う。

      ユヴェントスはその後もドウグラス・コスタとディバラの巧みなパス交換から最後はディバラが鋭いグラウンダー性のシュートを放つも、惜しくもゴールマウスの左に反れる。

      その後も試合終了まで再三トリノゴールに迫ったユヴェントスはトリノに反撃の隙さえ与えず、この一戦も無失点で試合を終えている。

      アリアンツスタジアムで今季2度目のトリノダービー勝利を飾ったユヴェントスは、準決勝でアタランタと対戦する。そして今週の土曜日には再び舞台をセリエAに戻し、カリアリとのアウェイマッチに臨む。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK