22.01.2017 14:35 - in: マッチレポート S

      ユーヴェ、スタジアムで勝利の道へ戻ります!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントス・スタジアムでのラツィオ戦、素晴らしい前半のパウロ・ディバラとゴンサロ・イグアインのゴールで勝利の道に戻ります

      レオナルド・ボヌッチは、ユベントスが「2度連続悪いプレーをしてはいけない」と木曜日の試合前のインタビューで話しました。

      日曜日昼のラツィオ戦でホームサポーターへの強い楽しみへ、ディフェンダーは全く正しかったです。

      ビアンコネリは声をひそめて、フィールドへ向かい、パウロ・ディバラの前半の素晴らしいペナルティエリア端からの左足の素晴らしいハーフボレーのゴールとゴンサロ・イグアインのニアポストからのタップインがホーム27連勝へ快適かつ威圧的に勝利を確実とした。

      白と黒の旗で溢れる中のユベントス・スタジアム、キックオフ前にビアンコネリに刺激的な3度のオスカー獲得DJで作曲家ジョルジオ・モロダーのエンターテイメントがあったレセプションがあり、ユベントスは、フィールドでこのサポートに十二分に報いました。

      ディバラ、マリオ・マンジュキッチ、フアン・クアドラード、イグアインの全員が試合で先発し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のセリエA300試合指揮での監督のセレクションは、非常に最高に大胆な1つでしたし監督は報いられます。

      ホームサポーターが席に座った直後、ユーヴェは正面からスタイルを持って戦いました。シュテファン・リヒトシュタイナーのクロス・フィールドパスが正確にマンジュキッチへ繋がりディバラへ、そしてディバラのハーフボーレは、ホームでのリーグ戦4ゴール目となった。

      ユベントスはちょうど10分後の2点目を上げるが同じ様にラツィオ守備陣は抵抗することができませんでした。ラツィオハーフでの辛抱したビルドアップの後、アッレグリ監督のチームは活発に戦います。マンジュキッチのスイッチプレーでクアドラードのスペースへ入り前線が活発になり走るイグアインへ繋ぐとニアポストで合わせチームのリードを2点にした。

      2ゴールのリードでリーグ首位は前半を急いで戦わず前半終了を待ち、3点目のチャンスとしてボヌッチがイグアインのニアポストへのクロスあkらシュートも枠を超えた。

      ラツィオは後半良い展開を見せるも、ユベントスが重要で大きな脅威をもたらし続けた。センターの良いポジションからディバラは53分にこの日2点目の絶好のチャンスをつかんだがゴールにはならなかった。

      改善されたラツィオは第二期の間トンネルから出てきました、それでも、それが重要だったより大きな脅威をもたらし続けたのはユベントスでした。そして、中心位置でいい地位にあるとき、Dybalaが53分に彼のブレースのために絶好の可能性をはねつけました。

      更に良いチャンスとしてアルゼンチン人コンビ、パウロとピピータの間のテレパシーでつながっているかの様なプレーが60分にあり、ディバラがフリックしディフェンスをバラバラにするとパスをファーポストに送り、右足のシュートはゴールキーパー、フェデリコ・マルケッティを打った。

      南米の選手達が前半の際立つスターであったなら、後半はマンジュキッチです。マンジュキッチは、左サイドで果てしなく献身的なディフェンスを無数にこなし、ソールドアウトのユベントス・スタジアムの観客の注目となった。

      同じ国出身もマルコ・プヤカがイグアインと交代し、アディショナルタイムで良い兆候を加えた。一時的ではあるが、ローマに対し勝ち点4のアドバンテージをもたらしましたが、勝利の道に戻ったユベントスにはそれほど重要なことではありません。

      前方へ、そして上昇を。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK