11.01.2017 22:54 - in: マッチレポート S

      ユーヴェ、コッパ・イタリア準々決勝進出

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      パウロ・ディバラ、マリオ・マンジュキッチ、ミラレム・ピアニッチのゴールが、水曜日のユベントス・スタジアムでのコッパ・イタリア、3-2でアタランタ戦に勝利した。

      ビアンコネリは、コッパ・イタリア、タイトル防衛の最初のハードル、ユベントス・スタジアムでの均衡した戦いとなったアタランタ戦を3-2で勝利しました。

      パウロ・ディバラ(22分)、マリオ・マンジュキッチ(34分)のゴールは、ハーフタイムまでにユベントスをリードさせたが、勇ましいアタランタの逆襲でアブドゥレイ・コンコ(72分)、ジュニア・ラッテ・ラス(81分)にゴールを奪われ2度点差を1ゴールに迫るも75分のPKで試合を決めた。
       
      ビアンコネリは、国内カップ戦防衛かつ3連続優勝を期待し、現在準々決勝でどのチームとの対戦となるのか待っています。

      両チーム、序盤を超高速な攻撃とカウンターアタックでプレーした後、シュテファン・リヒトシュタイナーの右ウイングからのクロスを受け取ったマリオ・マンジュキッチがポストから近距離でシュートし、ユーヴェは16分にリードを奪いそうになった。

      ユーヴェが先制点を奪うまで長く待つ必要はありませんでした。マンジュキッチが突進するディバラへパスを送りワンタッチで得点を奪い、ディバラの本当にトレードマークとなるフィニッシュ止められない利き足左足のハーフボレーをゴール下隅へ納め、今シーズン全ての戦いで17試合出場6得点目を挙げた。

      34分にこの2人のストライカーズ達は再び見事に組み合わさりました。ディバラが徹底的にマンジュキッチへ素晴らしいスルーパスを送り、マンジュキッチは体を開き、エトリト・ベリシャのゴール下隅へ正確にシュートを収めました。

      マンジュキッチは、ハーフタイム後に3-0へした可能性がありました。ピアニッチの正確なボールが彼の足元数ヤードに収まったが、彼はゴールを挙げることはできませんでした。

      ハーフタイムでのコントロールから、ビアンコネリは後半にチャンスを切り開きましたし、トマス・リンコンが新しいクラブでの初得点に近づき、コーナーからパイルドライバーはベリシャによってクロスバーへ素早く送られた。

      アタランタは、現在セリエAで飛ぶ鳥を落とす勢いで6位で、ただ数合わせとしてトリノに来たわけではありませんし、72分に彼らのプレッシャーは、コンコの素晴らしいシュートをエリア端から右足のアウトサイドで放ち、ネトを越え得点を奪い報われました。

      そこから3分ほどが過ぎ、シュテファン・リヒトシュタイナーがエリア内でファールを受け、ピアニッチがPKで得点を奪い再び2点差を確実とした。

      しかし、アタランタは決して諦めません、再び反撃に出ます。交代で入ったジュニア・ラッテ・ラスがリヒトシュタイナーを抜き、ネトからゴールを奪ういフィナーレへ向かいました。

      しかしコッパ・イタリア準々決勝進出を確実とするため、ビアンコネリは試合で消えかけてる残りの火を守るのことに堅実でした。現在日曜日夜セリエAでの戦い、フィオレンティーナ戦へ注意をを向けます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK