17.06.2018 09:30 - in: FIFAワールドカップ S

    ユーヴェワールドカップ:2日目

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マンジュキッチのクロアチア代表とマテュイディのフランス代表が勝ち点3を手にする一方、アルゼンチン代表は勝利を逃した。

    昨日のワールドカップでのビアンコネリの結果は、2勝1分となった。

    フランスが勝利

    昼にキックオフされたカザンでの試合では、フランス代表がオーストラリア代表と対戦した。

    フランスは後半にVARによって与えられたPKをグリーズマンが決めて先制。しかしその4分後にオーストラリアもユムティティのハンドによってPKを獲得し、ジェディナクが落ち着いて決めて同点に追いついた。

    ブレーズ・マテュイディが78分にピッチに入ると、そのわずか3分後に決勝点が生まれる。元ビアンコネロのポグバの放ったシュートがGKの頭を越え、フランス代表が2-1で勝利を手にした。

    アルゼンチンは引き分け

    ゴンサロ・イグアインが6分間のみプレーした試合は、予想外の結果に終わった。

    アルゼンチン代表は19分にアグエロの力強いシュートで先制したが、その後アイスランド代表のフィンボガソンにゴール前でボールを押し込まれスコアは同点となる。

    後半にメッシのPKを防いだアイスランド代表は、貴重な勝ち点1を獲得した。

    クロアチアが試合を支配

    マンジュキッチはクロアチア代表のナイジェリア代表に対する2-0の勝利に貢献した。

    ユヴェントスのアタッカーは右サイドからのボールにダイビングヘッドで合わせ、このボールがDFに当たって先制点が生まれた。さらに後半にもペナルティエリア内で倒されてPKを獲得すると、これをモドリッチが決めてリードを2点に広げた。

    マルコ・ピアツァも86分にマンジュキッチとの交代でピッチに立っている。

    TODAY's Fixtures

    日曜日の #JuveWorldCup はサミ・ケディラのドイツ代表がメキシコと対戦、 さらにドウグラス・コスタのブラジル代表はスイス代表と顔を合わせる。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK