25.08.2018 20:55 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「直接のライバルに対する初めての勝利」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「カウンターの得意なラツィオを相手に戦うのは簡単ではなかったが、2人のセンターバックがよくやってくれた」

      ラツィオを下した土曜日の試合後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はチームのパフォーマンスを称えつつも改善の余地があることを強調した。

      「最初は少し急ぎ過ぎてしまった」と監督は試合を振り返って語っている。「クリスティアーノのホームデビューの熱気の中で、浮き足立ってしまうリスクがあった。もっと忍耐強さを見せるべきだった」

      「ディバラがプレーしていない時にラインの間で動くのが難しくなる傾向にあるが、今日はこのようなメンバーで試合に臨む必要があった。来週のパルマ戦ではよりテクニカルな選手を選ぶかもしれない。我々のプレーにはまだ波があるが、相手が疲れている時はボールをより速く動かさないといけない」

      アッレグリ監督はまた、新加入の選手たちにチームに馴染むための時間が必要であることも語っている。

      「カンセロ、ロナウド、復帰したボヌッチなどの新加入選手がプレーしており、互いを知るための時間が必要だ。今後改善していくだろうし、今日の直接のライバルに対する勝利を喜んでいるよ。カウンターの得意なラツィオと戦うのは簡単ではなかったが、2人のセンターバックがよくやってくれたし、ロナウドのチームへの馴染み具合にも満足している」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK