29.09.2018 21:45 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「今夜はよくやったが、シーズンは長い」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ナポリ戦の勝利後、アッレグリ監督は「序盤は硬さがあったが、その後は良いパフォーマンスだった」と試合を振り返った。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督はナポリを3-1で下した後、チームへの満足感を示した。「試合の序盤に多くの戦術的なミスを犯してしまったが、難敵ナポリを相手によくやった」

      「1点目はクリスティアーノ・ロナウドが非常に良いプレーを見せ、その後チームが改善した」

      「しかし相手が10人になった時に実質的にプレーを止めてしまったことは、満足していない。もっとボールを前に進める努力をするべきだったが、そうならなかった。カジェホンに同点にされていてもおかしくなかった」

      クリスティアーノ・ロナウドとディバラについて訊かれると、監督は「ロナウドは楽しんでプレーしている。多くのアシストを記録しており、今日はバレンシア戦の30分と並んでこれまでのベストゲームだった」と述べている。

      「パウロについては、今日は特に中盤でよくやっていた。彼は一連のプレーを始め、フィニッシュすることに優れている。火曜日はクリスティアーノがプレーできず、フレッシュな状態の彼が必要なので今日は交代させた」

      シーズンの先については、以下のように語っている。「まだ判断のミスを犯しているので、改善の必要がある。この先もタイトル争いのライバルとの直接対決が多くあることを忘れてはいけない。勝つべき試合は多く残っている」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK