13.11.2018 15:00 - in: チーム S

      数字で見るセリエAでの戦い

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      シーズンの3分の1が経過したセリエA。これまでのユヴェントスの戦いをスタッツなどの数字から振り返る。

      ユーヴェはミランを充実した内容で下し、代表ウィークに入った。 この勝利によりナポリとは勝ち点6差、インテルとは勝ち点9差となっている。

      素晴らしい数字

      ユヴェントスは開幕からの12試合で勝ち点34を稼いだ。現行のセリエAでは歴史上最高の数字だ。

      ビアンコネリは2018年にアウェイで13勝を挙げ、これは欧州5大リーグで最多となっている。

      またリーグでは16試合無敗、その間に14勝2分けの好成績を残している。

      チームランキング

      ユーヴェは得点数(26)、枠内シュート(78)、平均ポゼッション(60.76%)、パス成功数(6314)、パス成功率(88.83%)など、ほとんどのリーグのスタッツで1位に立っている。被シュート(102)、枠内被シュート(30)はリーグ最少だ。

      個人ランキング

      チーム内のランキングでは、2人のポルトガル人選手が目立つ。ジョアン・カンセロはドリブル成功数(38)で同率首位、クリスティアーノ・ロナウドはシュート数(88)、枠内シュート数(35)で1位、7得点8アシストで得点ランキング2位につけている。

      アレックス・サンドロは最多クロス(64)、最多タックル(24)を記録。カンセロは最も多くのボールを受けており(73)、最多チャンス創出回数(33)とパス成功数(764)はミラレム・ピアニッチ(33)となっている。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK