24.11.2018 21:00 - in: マッチレポート S

      CR7とマリオが再びゴール

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ACミランを下した前節に続き、アッレグリ監督率いるユーヴェはロナウドとマンジュキッチのゴールで勝利を手にした。

      マリオ・マンジュキッチとクリスティアーノ・ロナウド。代表ウィーク前のACミラン戦でもゴールを奪った2人が再びゴールを決めた。前後半のそれぞれのゴールで2ゴールを奪ったユーヴェは、リーグ戦再開初戦も勝ち点3を獲得している。

      CR7が10得点に到達

      SPALは試合開始直後に正確なパス回しで好スタートを切ったものの、その時間は長くは続かなかった。

      サミ・ケディラとエムレ・ジャンを欠きブレーズ・マテュイディも休養が必要な中、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はフアン・クアドラードとドウグラス・コスタをサイドに置く4-4-2を採用した。

      最初のチャンスとなったドウグラス・コスタのロングシュートは相手GKゴミスにセーブされ、その後のシュートもブロックされた。

      しかし29分、クリスティアーノ・ロナウドが均衡を破る。ミラレム・ピアニッチのフリーキックに足で合わせると、16試合で10点目となるゴールを決めた。これによりユーヴェの選手としては史上最速で2桁得点に到達したことになる。

      主将マンジュキッチが追加点

      後半もドウグラス・コスタが積極的に相手ゴールを脅かし、60秒間の間にポスト直撃、更にゴミスにセーブされるシュートを放つ。ブラジル人アタッカーはサイドのドリブル突破だけでなく、チームメートへの的確なパスでもチャンスを作った。

      60分にはロナウドがボールを奪い、ドウグラス・コスタにボールをつなぐ。シュートはゴミスにセーブされたが、そのこぼれ球をマンジュキッチがきっちりと押し込んでリードを2点に広げることに成功した。

      キエッリーニがクラブ5番目の出場記録

      2点を先行したユーヴェは落ち着いた試合運びを見せ、相手の反撃を抑えつつ追加点のチャンスを伺う。残り時間が20分を切るとアッレグリ監督はドウグラス・コスタに代えてマテュイディを投入し、相手へのプレッシャーを強める。するとロナウドがアクロバティックなプレーでこの日自身2点目を狙ったが、シュートはわずかに枠を外れた。

      チームに3点目のゴールは生まれなかったものの、ジョルジョ・キエッリーニはアレックス・サンドロとの交代で出場でユヴェントスでの483試合出場を達成。これはクラブ史上5番目の記録となった。

      ユヴェントス 2-0 SPAL (前半 1-0)

      得点者: ロナウド 29, マンジュキッチ 60.

       

      ユヴェントス

      ペリン;デ・シリオ、ボヌッチ、ルガーニ、アレックス・サンドロ (キエッリーニ 87);クアドラード、ピアニッチ、ベンタンクール、ドウグラス・コスタ (マテュイディ 73);ロナウド、マンジュキッチ
      サブ: シュチェスニー、ピンソーリョ、カンセロ、バルツァッリ、ベナティア、スピナッツォーラ、ディバラ、キーン
      監督: アッレグリ


      SPAL
      ゴミス;チョネク、フェリペ;ボニファーツィファレス、ラッツァーリ、スキアッタレッラ (ヴァルディフィオーリ 83)、クルティッチ、ミッシローリ (ヴァローティ 59);アンテヌッチ、ペターニャ (パロスキ 85).
      サブ: ミリンコヴィッチ=サヴィッチ、チャム、シミッチ、ジュルー、ディックマン、エヴェルトン、コスタ、フロッカリ、モンチーニ
      監督: センプリチ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK