28.07.2018 21:18 - in: Tour - Field S

    PK戦でベンフィカを撃破

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ルカ・クレメンツァのゴールで追いついたビアンコネリが、PK戦の末にレッドブル・アレーナでベンフィカを破った。

    2018ユヴェントスサマーツアーの第2戦、ユヴェントスは先制点を奪われながらも同点に追いつきPK戦の末にベンフィカを下した。

    午後の日差しの中で行われた試合はスロースタートとなったが、ユヴェントスは10分にジョアン・カンセロの右サイドからのクロスにクラウディオ・マルキージオが合わせる。しかしシュートはバーの上に外れた。

    前半の残りの時間は両チームともに大きなチャンスはなかったが、後半になるとユーヴェが徐々に押し込んでいく。

    より攻撃的な役割を担うようになったカンセロが迎えた好機は、ベンフィカのゴールキーパーがセーブ。54分にはサミ・ケディラがシュートを放つものの、ゴールを奪えなかった。

    すると65分、スペイン人DFアレックス・グリマルドがフリーキックを直接決め、ベンフィカが先制する。

    反撃を試みるビアンコネリは76分、ルカ・クレメンツァのフリーキックにメディ・ベナティアが合わせるが、このシュートはクロスバーに弾かれた。

    しかし84分、クレメンツァが右サイドから切り込むと、左足でカーブを掛けた見事なシュートを決めてユーヴェが同点に追いついた。

    90分を1—1で終えた試合は、PK戦に突入。マッティア・ペリンがベンフィカの4本目のキックをセーブすると、アレックス・サンドロがシュートを決めてビアンコネリが4-2で勝利を決めた。

    チームはこのあとアトランタに向かい、8月1日にMLSオールスターチームと対戦する。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK