27.11.2018 23:55 - in: マッチレポート S

      マンジュキッチ弾でベスト16進出

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      クリスティアーノ・ロナウドのお膳立てによるクロアチア人ストライカーのゴールで、ユヴェントスがベスト16進出を決めた。

      ビアンコネリが最初の目標を達成した。火曜日の夜に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節でバレンシアに勝利を収め、アッレグリ監督率いるチームは最終節のヤングボーイズ戦で勝ち点3を得ることで首位での突破も決めることができる。スペインのチームを破ったのは、クリスティアーノ・ロナウドのアシストによるマリオ・マンジュキッチのゴールだった。

      試合を支配

      決勝トーナメント進出を決めたいユーヴェは、試合開始直後からクリスティアーノ・ロナウドが立て続けにシュートを放つなど積極的な立ち上がりを見せる。一方、同様に決勝トーナメント進出の望みを残すアウェイのバレンシアも速攻を軸に好機をうかがう。試合を支配したのはホームチームだったが、相手の堅い守備を前に序盤にリードを奪うことはできなかった。

      シュチェスニーのビッグセーブ

      23分にはディバラのスルーパスを受けた左サイドのアレックス・サンドロがクロスを受け、クリスティアーノ・ロナウドがシュートを放ったが枠は捉えられなかった。さらにマンジュキッチ、ボヌッチとのコンビネーションから、ジョアン・カンセロが右足で古巣のゴールを脅かす。守備ではシュチェスニーが攻守を見せ、前半終了直前のムクタル・ディアカビのヘディングシュートもビッグセーブで防いでゴールに鍵を掛けた。

      CR7&マリオのコンビ再び

      ハーフタイムの後も、ユヴェントスは勝利を目指してサイドを起点にバレンシアゴールに迫る。アウェイチームの粘り強い守備を最後に破ったのは、イタリア王者が誇る強力攻撃陣の卓越したスキルだった。ロナウドが素早い足さばきで相手DFを翻弄してゴール前に完璧なクロスを送ると、待ち構えていたマンジュキッチが確実にボールをネットに突き刺した。

      ベスト16へ

      ユヴェントスに待望の先制点が生まれると、バレンシアは反撃を試みる。ディアカビがクロスに合わせていったんはネットを揺らしたものの、これはハンドにより認められなかった。対するユーヴェはディバラが狙いすました左足のシュートを放つが、ネトが好セーブ。元ビアンコネロのゴールキーパーはその後もロナウドのシュートを防ぐなど、2点目のゴールを許さなかった。それでも完封を達成して1-0で勝利したチームは、ベスト16進出が決定。最終節でヤングボーイズを破れば、グループ首位が確定する。

      ユヴェントス 1-0 バレンシア (前半 0-0)

      得点者: マンジュキッチ 59

      ユヴェントス

      シュチェスニー;カンセロ、ボヌッチ、キエッリーニ、アレックス・サンドロ (クアドラード 46);ベンタンクール、ピアニッチ、マテュイディ、ディバラ (ドウグラス・コスタ 79)、ロナウド、マンジュキッチ
      サブ: ペリン、ベナティア、バルツァッリ、ルガーニ、キーン
      監督: アッレグリ

      バレンシア

      ネト;ヴァス、ガブリエウ・パウリスタ、ディアカビ、ガヤ;コクラン、パレホ、コンドグビア (ソレール 72)、ゲデス;ロドリゴ (ガメイロ 46)、サンティ・ミナ (バチュアイ 67)
      サブ: ドメネク、ムリージョ、ラト、ピッチーニ
      監督: マルセリーノ

      警告: ベンタンクール 13、ガヤ 31、コンドグビア 43、クアドラード 60、ディアカビ 62、ゲデス 69、バチュアイ 74、マテュイディ 83

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK