02.10.2018 22:50 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      アッレグリ監督「ピッチをうまくカバーした」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は試合後の会見で「チームを最優先した選手たちを褒めたい」と語った。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は3-0でヤングボーイズを下しチャンピオンズリーグ2連勝を達成した火曜日の試合後、考えを語った。

      「ピッチ全体をうまくカバーすることが非常に重要だった」と監督は言う。「選手たちはそれをうまく実行し、チームを最優先に行動していた。この先多くの目標と試合があるので、それは正しいアプローチだ」

      改善点

      いつもと同じように、アッレグリ監督はチームが改善すべき点を見つけることも忘れなかった。

      「こうしたタイプの試合では時にボールから目を離してしまう傾向があり、今日はもっとゴールを決めておくべきだった。得失点差のこともあるし、この先の試合では1回か2回しかチャンスが来ないかもしれないので、今日よりも決定力を見せる必要がある。チャンピオンズリーグのような大会では常にパフォーマンスを改善しないといけないんだ」

      パウロとフェデリコ

      「彼とディバラは同じエリアをカバーする傾向にあるので、プレーが重なってしまうリスクがあった」と指揮官は説明する。「今日はベルナルデスキを中に入れて、彼はチームを非常によく助けていた。ただ自分でゴールを決めようとし過ぎていたので、注文も付けておいたよ」

      監督は最後にディバラの活躍を称賛した。

      「嬉しく思っているよ。彼は成長し、コンスタントに活躍している。ただ他の全ての選手もよくプレーしていた。チャンピオンズリーグの試合に相応しい成熟したパフォーマンスだった」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK