03.04.2017 16:30 - in: コッパ・イタリア S

    リヒトシュタイナー「私達は正しくいたい」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    セリエAで勝ち点6のアドバンテージとコッパ・イタリア決勝をかけた水曜日、シュテファン・リヒトシュタイナーはこれまでで最も素晴らしい自身のユーヴェでのシーズンへの視線を話します…

    その時から…

    「5年半の中でスタジアムでの私の最初のゴールがクラブの分岐点であったと私達は問題なくいう事ができます。最初の試合で勝つことが重要であったように、ユーヴェは厳しい数年からこのシーズンを始めました。」

    「私達が何を成し遂げ続けたいかを理解し、あの試合はチームにとって驚くべき旅の始まりでした。」


    …今まで

    「私達は、今シーズンの現段階で正しくいたいです。私達はスクデットをハントしている途中で、2日以内にコッパ・イタリア決勝進出への大きなチャンスがありますし、私達はチャンピオンズ・リーグ準々決勝でバルセロナと戦います。」


    短距離走でなくマラソンです

    「私達が今シーズンのアウェイで勝ち点数点を落としたのは本当で、この敗戦とドローというのを心に閉じ込める必要があると思います。ミラン、フィオレンティーナ、昨夜のナポリとの戦い、全てのチームが非常に負かすのが難しいです。」

    「私達は非常に重要な勝ち点を持ってナポリを離れました。私が思うに私達が必ずしも求めていた方法をで戦わなかった事に、私達全員が同意する事ができます。賞賛はナポリへ行かなければいけませんし、彼らは非常に良くプレーし私達に多くの問題をもたらしました。

    例え少し元気が無くとも、私達は結果のために戦う事が出来るというポジティブな兆候をのこし引き分けましたし、そうする事ができます。」


    ナポリ vs ユベントス:ラウンド2

    「私達は、強くリードを守るために厳しい対戦相手と戦います。私達は本当に成長する事と自信のために少なくとも更なるゴールを挙げる必要があると思います。ナポリは昨日自分自身のプレーをし過ぎましたから、私達は水曜日に別の種類の異なる対戦に直面する場合があります。」


    ヨーロッパでの野心

    「私は、抽選でバルセロナを引く感覚がありました。私はPSGとの6-1の戦いを見ていた時に父とトランプをしており、彼は次のラウンドで私達が対戦すると教えてくれました。それは私にとって驚きではありませんでした!

    同じ強さと欲望で戦うバルセロナとの対戦と同じく、私達はあらゆる対戦相手に備えなければいけません。それはトロフィーを得る事ですし、グラウンドに足をつけ続け、対戦で後退したり下がる事はありません。

    私達は近年イタリアで全てを得ましたし、サポーター達の様にチャンピオンズ・リーグで勝利を求めます。そのトロフィーを獲得するのは、どの選手にとっても夢です。私達は大きな夜を待つ事ができませんし、同時にその間のナポリ、キエーヴォ、ペスカーラとの戦いへ準備する必要があります。」


    夢のゴール?

    「私のはシンプルです。どの様にゴールするかは重要ではありません。UCL決勝のゴールは、問題ありません…」


    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK