29.01.2017 17:09 - in: マッチレポート S

      マペイでの進撃!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ゴンサロ・イグアインとサミ・ケディラのゴールで、日曜日午後のサッスオーロ戦を2-0で納得のいく勝利を果たした

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督はチームに、この3年間で初めてのレッジョエミリアでの勝ち点3を獲得する様に頼みました、そしてゴンサロ・イグアインとサミ・ケディラのゴールがリーグ戦21試合で17勝目へ導き、日曜日午後の戦いを順当に勝利した。

      試合をコントロールしビアンコネリは、25分以内で素晴らしいイグアインのペナルティエリアでの本能で決めたゴールとケディラのチームの動きでの完璧なサイドフットでのゴールで2点を奪った。

      試合は進みサッスオーロの攻撃には滅多に脅かされる事はなく、セリエA首位への支配力を強め、今シーズンの道のりでのユベントスの最も素晴らしいパフォーマンスの1つとなった。

      両チームの最近の戦いの好調さであれば驚くことは無い端から端までの戦いで始まり、10分、早々に先制したのはユベントスでした。

      マリオ・マンジュキッチとアレックス・サンドロは左サイドで素晴らしいコンビネーションを見せ、アレックス・サンドロは、ニアポストへクロスを放ちイグアインはアンドレア・コンシーリからリーグ戦6試合で8点目となる得点を奪った。

      ピピータは、得点の雰囲気を持ちユベントスは、アタッキング・サードへ侵入する度に脅威を見せ、マンジュキッチの低いドライブシュートの後、ボックス中央へボールが向かいスペースを見つけるとイグアインは、この試合2ゴール目となる可能性も
      あったが、シュートは枠を外れた。

      ピッチ上でサッスオーロよりも多くのチャンスをマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは激烈に見せ、厳しい強さと攻撃の切り込みは貴重な2ゴール目を挙げる前にそれが時間の問題である事を確実とした。それはスタイルを持って果たされました。

      イグアインは、サッスオーロ陣地で深くポゼッションし、ボールをゴールへ収める為に、サミ・ケディラにパスを送るパウロ・ディバラへボールをカットした。

      ディバラとケディラの両方は、イグアインとマンジュキッチそれぞれの素晴らしい仕事から3点目を加える惜しいプレーがあったが、サッスオーロのディフェンスが力強く前線から戦い、ユーヴェは、ハーフタイム後上がることが出来なかった。

      ディバラが前のチャンスの後ろでのプレーで失望している間、自身の次のチャンスの為に示したプレーに躊躇はありませんでしたし、コンシーリに対しポスト上へのシュートをクアドラードのスクエアパスを拾いディバラは放った。

      反対に、60分にマッテオ・ポリターノとアレッサンドロ・マトリのシュートをジャンルイジ・ブッフォンは2ど素晴らしいセーブで守った。これはこの試合キャプテンの最初のタッチとなった、ちこれはチームメイトへ最後まで鋭い集中を維持する様に伝えるプレーであった。

      グレゴワール・デフレルとアルフレッド・ダンカンがチームにプレーの刺激を吹き込む為にサッスオーロのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が投入したが、後半もビアンコネリがより大きな脅威をもたらし続け、イグアインの近距離シュートはコンシーリが防ぎ、マンジュキッチは2度バックポストを打った。

      ローマがサンプドリアに3-2で負け、ユーヴェは勝ち点4点差で首位をリードする為に戦い、正しく強さを高く保ちマルコ・プヤカとトマス・リンコンも出場し最後まで確実に戦った。

      レッジョエミリアでの絶好の午後。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK