25.11.2017 12:46 - in: セリエA S

      アッレグリ、クロトーネ戦前日記者会見に臨む

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「我々は守備面で組織立ち、カウンターが強力なクロトーネに最大限の敬意を払い、タフな試合を行わなければならない」

      クロトーネ戦に集中

      「勝利を必要とすることは難しいことではない。しかし、我々は厳しい戦いをしなければならない。守り切って勝ち抜いているクロトーネを大いに尊敬しなければならない」



      マテュイディについて

      「ブレーズはユヴェントスとフランス代表の間で早期からプレーしていた。バルセロナ戦では彼を回復させる必要があったので、長い時間プレーはさせなかった。3月にベストな状態にしなければいけないことは自覚している。選手をケガから回避させることは非常に重要だ」



      アレックス・サンドロについて

      「すべてのシーズンが同じようにはいかない。良い時と悪い時があるかもしれないが、我々にとって重要なアレックス・サンドロは戻ってくるだろう。彼のフィジカル面、メンタル面の状態を取り戻し、水曜日の試合では良いプレーを見せた」



      選手の起用について

      「マンジュキッチの調子は良い。確かに、キエッリーニ、クアドラード、ベルナルデスキは見えてこなかったが、ケディラは休ませている」

       「ヘーベデスは良くトレーニングをしており、確認が済めば明日の解決策となるだろう。彼はボールをマネジメントする術を持っており、中央でもサイドでもプレーすることができる」

      「ブッフォンは先発出場するだろう」

      シーズンを見据えて

      「バルセロナ戦を含む直近4試合でユヴェントスがゴールを許していないことを忘れてはいけない。チームが独自の構造を持てていることを意味している。」

       「我々は最高のコンディションに改善し3月を迎えなければならない。これはすべてのシーズンでの目標だ。今年のナポリは13試合で11勝を挙げている。ユヴェントスは3ポイント差をつけられているが、今シーズンはまだ続く」

       「チャンピオンズリーグでは我々がするべきことを維持してきた。バルセロナに敗れ、ホームで1勝しリスボンのとても良いチームを相手に勝利した。バルセロナとホームでは良い試合をして引き分けた。バルセロナはいつでもチャンピオンシップレベルのチームだ」

       「我々はグループで1歩前進した。それは今シーズンの最初の目標である。ユヴェントスにとって非常に大きな目標だ。アテネ戦をクリアできるかどうか待っているよ」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK