08.06.2018 18:45 - in: 公式レポート S

    マッティア・ペリンがユヴェントスに加入

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    イタリア人ゴールキーパー、マッティア・ペリンからジェノアからユヴェントスに移籍することが決定しました。

    マッティア・ペリンがジェノアからユヴェントスに移籍加入することになりましたのでお知らせします。

    25歳のゴールキーパーは、クラブと2022年までの契約を結びました。

    公式声明は以下の通りです。

    マッティア・ペリンの完全移籍についてジェノアと合意

    トリノ、2018年6月8日:ユヴェントスフットボールクラブはジェノアクリケット&フットボールクラブとマッティア・ペリンの完全移籍について、3年間で1200万ユーロを支払うことで合意しました。契約期間中に条件が満たされた場合、移籍金は最大300万ユーロ追加されます。

    この移籍の経済的および財政的効果は 2018/2019シーズンから有効となります。

    ユヴェントスと選手は2022年6月30日までの4年契約を結びました。

    ユヴェントスへの加入により、マッティア・ペリンは2008年に下部組織に加わり2010年にトップチームに昇格したジェノアを離れることになります。

    2011/12シーズンに期限付き移籍したセリエBのパドヴァで頭角を現したペリンは、その次のシーズンにペスカーラでイタリアのトップリーグに値する才能を示し、2013年1月のフィオレンティーナ戦では15セーブを記録しました。

    2013年夏にジェノアに戻ると、ペリンは全ての大会を通じて150試合に出場し、現在最高のイタリア人ゴールキーパーのひとりとしての地位を築き上げました。

    過去5年間のセリエAで、ペリンはミランのジャンルイジ・ドンナルンマとともに2位のシュートセーブ率(73%)で78%のジャンルイジ・ブッフォンに続いています。2017/18シーズンにはペリンのシュートセーブ率は75%に上り、25試合以上に出場したイタリア人ゴールキーパーではトップ、さらに12試合の完封はマルコ・スポルティエッロ(14試合)に次ぐ2位となっています。

    イタリアの各年代の代表でプレーしたペリンは、2014年11月のアルバニア戦でフル代表デビューを果たし、その試合で完封を達成。ブッフォンとドンナルンマの存在によりそれ以降のアッズーリでの出番は限られていますが、月曜日にアリアンツ・スタジアムで行われ1-1で引き分けたオランダ代表戦に先発出場しています。

    ペリンの加入はビアンコネリの守備を強化するものであり、ヴォイチェフ・シュチェスニーとペリンはブッフォンの後釜として出場時間を争うことになります。

    ユヴェントスへようこそ、マッティア!

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK