30.07.2018 20:48 - in: Tour - Field S

    「ここに来られて嬉しい」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督、ミラレム・ピアニッチ、ジョルジョ・キエッリーニ、そしてセバスティアン・ジョヴィンコが記者会見に出席した。

    ユヴェントスは2018サマーツアーの3都市目となるアトランタに移動し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督、ミラレム・ピアニッチ、ジョルジョ・キエッリーニがMLSデジタルヘッドクオーターでの記者会見に出席した。

    アッレグリ監督のコメント

    「ここに来られて非常に嬉しく、また誇りに思っている。代表選手がこの場に来られず残念だが、彼らはワールドカップに出場し休暇が必要だった。幸運にもディフェンスと中盤はほぼ全員が揃っている」

    相手監督のタタ・マルティーノについては「彼は過去にバルセロナとアルゼンチン代表を指導しており、素晴らしい監督だ」と語った。

    ピアニッチとキャプテンのコメント

    水曜日、ユヴェントスは7万人近い観衆が詰めかけると予想されるメルセデス・ベンツ・スタジアムでプレーする。

    「水曜日の試合は特別なものになる」とキエッリーニは語る。「シーズン開幕まで準備のために残された試合は数試合しかないので、私たちにとって重要な時間になる。大きな試合であると同時にパーティーでもあり、素晴らしい夜を期待している」

    「キャプテンのアームバンド?新しい役割だけど、これまでと同じように振舞うつもりだよ。ユヴェントスでデル・ピエロとブッフォンとプレーできたことは幸運であり、キャプテンとして彼らの後に続かないといけない」

    ピアニッチにとっては、ローマ時代の2013年以来のMLSオールスター戦となる。「ここに来られて嬉しいよ。オールスター戦にはローマで出場したことがあり、私たちにとっては準備を進めるためのいい機会になると思う」

    懐かしい対戦相手

    ユヴェントスの後には、MLSオールスターのタタ・マルティーノ監督、セバスティアン・ジョヴィンコ、カルロス・ベラ、ブラッド・グザンが記者会見に臨んだ。

    特にユヴェントスアカデミーで育ったジョヴィンコにとっては、特別な試合になる。

    「子供時代のクラブと対戦するのが待ちきれないよ。古い友人に会うのはいつも良いものだね。在籍していた時からユヴェントスは随分変わって、数年前には苦しみもあったけど、今は勝ち続けている。クリスティアーノ・ロナウドの獲得はビアンコネリにとっても、リーグ全体にとってもいい事だと思う」

    マルティーノはオールスターチームに立ちはだかる挑戦について語った。「この試合はエンターテインメントであり、ユヴェントスを相手にすることはMLSにとって素晴らしい。アトランタ、そしてジョージア州全体にとって重要なイベントだ」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK