14.03.2017 23:54 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    完全主義者アッレグリ監督は、改善の余地を見ます

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    「現在、我々は決勝を戦う能力を必要としますから、気持ちを見せ、どのチームとの対戦でも欲望を示すでしょう。」

    「我々の狙いは、ヨーロッパでトップ8の1チームになる事でした。」とポルトとのセカンド・レグの後マッシミリアーノ・アッレグリ監督は断言しました。ユベントスは、この目標を確保し、勝利を味わうよりも、チームが次のラウンドをどこで戦い近づく戦いへ成長する事が出来るかについて監督はより集中しました。

    「我々は、プレー方法を改善したいという思いを示さなければいけませんし、我々は今夜求める物を発見したところです。」とアッレグリ監督は説明しました。「ビッグチームを前にして、異なるパフォーマンスが必要です。前半賢くプレーしましたし、チームは上手くやりました。ところが後半は10人に対し11人だったのに、我々は十分速くボールを動かしませんでしたし、守備もひどかった。

    我々は、オプションを選ばなくてはならず、上手くやらなければいけませんでした。攻撃の時か試合を管理する時、テンポを落としてエネルギーを抑えます。しかし我々はどちらもしませんでした。更に挑み強いるほど、フットボールはより成功しません。」

    そしてアッレグリ監督は、後半にフアン・クアドラードとマルコ・プヤカの交代という判断を正当化しました。

    「クアドラードは警告を受けたので私はリスクを減らす事を好みました。プヤカは試合でチームが攻撃している重要な間を早く理解する必要がある選手ですし、チームへハードワークする能力も必要です。

    一度試合においてハードワークが必要だと理解するなら、能力の全てを出す事ができます。(マリオ・)マンジュキッチはその例えです。」

    ユーヴェはニヨンでの金曜日の抽選で運命を取ります。「現在我々は決勝への能力を持たなければいけませんから、気持ちを見せ、どのチームとの対戦でも欲望を示すでしょう。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK