31.10.2017 23:12 - in: マッチレポート S

      ピピータ(イグアイン)のゴールで1ポイントを獲得

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユヴェントスはスポルティング・リスボン戦でゴンサロ・イグアインのゴールで1-1の引き分けに持ち込んだ

      Juventus boosted their bid to reach the Champions League last 16 with a hard-fought draw on Tuesday night that sees them stay three points clear of Sporting CP with two Group D games left.

      The Bianconeri were staring a tough defeat in the face for the majority of the match, when Bruno Cesar put the hosts ahead midway through the first half, but a spirited response by the visitors after the break ultimately culminated in Gonzalo Higuain’s all-important strike on 79 minutes to seal a share of the spoils.

      The result ensures that Massimiliano Allegri’s men maintain some healthy breathing room between themselves and Sporting, who had seriously threatened to draw level on points with Juve in the group after leading for so long on the night.

      スポルティング・リスボンの素晴らしい立ち上がり

      スポルティング・リスボン戦はやはりユヴェントスにとって非常に難しい試合となった。

      スポルティングは立ち上がりから素晴らしい動きを見せる。11分にブルーノ・セザルがクロスバーの上を超えるファーストシュートを放つと、20分に試合が動く。右サイドからペナルティエリアに入り込んできたジェルソン・マルティンスがシュートを放つ。これをブッフォンがセーブするも正面に転がったこぼれ球をブルーノ・セザルが見逃さず押し込んで先制点を奪う。

      先制を許したユヴェントスは直後の22分、右サイドからデ・シリオがクロスをあげる。これに中央でフリーだったケディラが頭で合わせるも、ゴールマウスからわずか左にそれる。

      スポルティングは前線から積極的にプレッシャーをかけることにより、ユヴェントスにポゼッションを許さない。結局ユヴェントスは決定機さえ作ることができずに前半を終える。

      後半に巻き返したユヴェントス

      0-1で迎えた後半、ユヴェントスは右サイドのクアドラードが何度も突破を図り決定機を演出するなど反撃に転じる。

      マンジュキッチ、ディバラ、ピヤニッチが55分までの10分間で立て続けにシュートを放ちスポルティングゴールを脅かすと、デ・シリオも遠い位置からグラウンダーのシュートを放つもルイ・パトリシオが落ち着いてキャッチする。

      そのユヴェントスが攻勢を強める一方、スポルティングも自陣からのロングカウンターで再三ユヴェントスゴールに迫る。さらにバス・ドストがクロスにヘッドで折り返して決定機を演出するなど、追加点をうかがう。

      ユヴェントスにも68分にビッグチャンスが巡って来る。左サイドからのクロスにファーサイドのマンジュキッチが折り返し、これをディバラがヘッド、そしてイグアインがヘディングシュートでゴールを狙うも、ルイ・パトリシオのファインセーブに遭い、同点に追いつくことはできない。直後の70分にはマテュイディから中央でパスを受けたディバラが得意の左足からシュートを放つも、またもやルイ・パトリシオの正面に遭う。

      イグアインが同点ゴールを決める

      スポルティングを自陣に押し込んでさらに攻勢を強めるユヴェントスだが、なかなかスポルティングの堅い守備をこじあけることができない。

      しかし79分、クアドラードのスルーパスに反応したイグアインがスポルティングのディフェンスラインから抜け出し、最後はループシュートをゴール左隅に決める。これでイグアインは公式戦3試合連続でゴールをあげたことになった。

      ようやく同点に追いついたユヴェントスは直後の80分にもドウグラス・コスタが思い切りの良いグラウンダーのシュートを放つもゴールマウスのわずか右にそれる。逆転を狙うユヴェントスだったが、スポルティングも最後まで得点を許さず、試合はこのまま1-1で終了した。

      この結果、ユヴェントスは1ポイントを獲得に成功している。3週間後に控える次節は初戦で0-3と敗れているグループ首位のバルセロナとアリアンツスタジアムで対戦する。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK