13.01.2017 15:30 - in: セリエA S

    ピアニッチ「白と黒のホームで」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    今シーズン、7ゴール9アシストを記録し、現在ユベントス・スタジアムで最高を生み始めているのをミラレム・ピアニッチは感じています

    「新しいクラブ、新しい街、新しいチームメイト、新しいシステム、新しい監督、全てに私には時間が少し必要としていました。全ての良い選手はフィットすることを学ばなければいけませんし、それは私がしている事です。」

    今シーズン、ミラレム・ピアニッチは、7ゴール9アシストを全ての戦いで記録し、ユベントス・スタジアムでの生活を本当に落ち着いて過ごしている事を、ほとんどの人が疑ってはいません。

    ストライカーの後ろで働き、迫るセリエAでの戦いへビアンコネリは直視し、ピアニッチは現在ローマからトリノのに夏に移動して以来最高の形を生じ始めています。

    今日の午後、SkyとMediasetのカメラに話したピアニッチは、新しいクラブに関して、パウロ・ディバラとの協力、もちろん日曜日のフィオレンティーナ戦挑戦への段階について話した。


    新しいホーム

    「私ができる全ては、毎週最高のプレーへの準備をし確認する事です。ローマでの素晴らしい5年間の後、ユベントスに来ました。ここでフィットするためにハードワークしなければいけませんでした。現在ホームで正しいと感じています。

    誰もがキャリアのある時点で批評に直面しますが、 私はフィールドの外から言われる事に影響しません。監督は私に対し、大きな信頼を示しましたし、新加入選手全員のために仲間達は素晴らしい歓迎をしてくれました。動きがあり、今私はキックオフで試合を始めたいです。」

     
    快調なピアニッチとパウロ

    「私は最近ストライカーの後でプレーしており、現在楽しんでいます。ディバラと私は動き回る事ができますし、非常に良く共に戦います。パウロと一緒にプレーする事は本当に喜びです。私達は前後でスペースで動かして、自然にお互いの動きを感じる事ができます。

    全ての良いチームがする必要のある時、私たちはシーズンを通じて上昇させました。最高のチームは、1試合から次の試合まで1つ以上のシステムで動く事が出来るが、試合の最中でも戦術的な認識があります。」

     
    アタランタ戦?学ぶべきレッスン

    「アタランタとの水曜日の夜の戦いのように、出来るだけ強さを維持し、早まって緩まない必要があります。試合を譲る事は起きてはいけませんし、改善する所です。

    非常に素晴らしい差について話します、私達はまだ上手くプレーしますし、結果を拾いミスから立て直します。」


    フィオレンティーナ戦へ集中…

    「フィオレンティーナに対し大きな敬意があります、優秀な選手と良い監督が共にいる素晴らしいチームですそ、スタディオ・アルテミオ・フランキは、難所です。

    ユベントス加入前からこの両チームの対戦がどれくらい重要かわかるでしょう。相変わらずヴィオラを過小評価せず、調子の良い走りを続けるために向かいます。最も私達がチャンスを得るように備え、最小の差でこの対戦は決まるでしょう。」


    …チャンピオンズ・リーグへの視線

    「チャンピオンズ・リーグ優勝は私たちの巨大な目標です。次のラウンドのポルト戦から始まり簡単な試合はありません。しかしユベントスは大きいステージでのホームがあり、あらゆる戦いで深く戦うことに慣れています。試合が近づき十分な注意と集中を与えます。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK