12.02.2017 23:01 - in: マッチレポート S

      ピピータのゴールがサルデーニャでの勝利を奪います

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントスは日曜日夜、ハーフタイムを挟むゴンサロ・イグアインのゴールで2-0でサルデーニャでのカリアリ戦に勝利を確実とした。

      ユベントスは、スタディオ・サンテーリアでのアウェイ、カリアリ戦に2-0で勝利し、セリエA勝ち点7点差での意首位を維持した。

      2017年ここまでの8試合で9勝目となる最新の勝利は、ゴンサロ・イグアインの全ての戦いで今シーズン21ゴール目となる得点をハーフタイムをまたいで挙げての勝利となった。

      カリアリは、対戦前のホーム3試合を負けなしでこの戦いを迎え、ユーヴェは直近のアウェイ2戦に勝利での対戦となった、この夜何かを与えなければならならず、マリオ・マンジュキッチのヘディングが外れたのが相手の注意を引くのみで最初の36分間どちらのチームもお互いを打ち消し合いどちらが優勢というのは明確でなかったが、イグアインの先制点で流れが変わった。

      ピピータのゴールは、クラウディオ・マルキジオの素晴らしい前線へのパスから生まれ、無防備なカリアリバックラインを越え右スペースへ走ったイグアインへ流れるパスであり、ラファエルのゴール、ファーコーナーへボールを抑えハーフタイム前にリードを奪った。

      後半開始2分以内にビアンコネリは、思いがけない責任のある男がアドバンテージを広げ2-0とした。イグアインは、パウロ・ディバラのパスをコントロールするのにちょうどワンタッチ必要とし、先制点同じように鋭い角度からラファエルからゴールを奪った。

      カリアリの逆転へのチャンスの希望は、68分にニコロ・バレッラが2枚目のイエローカードをミラレム・ピアニッチへのレイト・タックルで受けてしまい退場し大きな打撃となってしまう。カリアリはこの退場直後に最も危険な状況をユベントスに与え、ブルーノ・アルヴェスの強烈なフリーキックは枠の外へ、ファビオ・ピサカーネのシュートは、ジャンルイジ・ブッフォンがスーパーマンと言えるセーブで失点を防いだ。

      そして、マンジュキッチの鋭いチャンス、素早いカウンターからヘディングでシュートも枠を外れ3-0とするチャンスを失った、マンジュキッチは、アディショナルタイムにシュートを放つもドラマチックにクロスバーへ直撃しゴールを奪えず、このリバウンドをディバラがヘディングもラファエルが防いだ。

      しかしクロトーネ戦に比較し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームの試合で最終的に快適に勝利を挙げた方法を見届け、セリエA5連勝と無失点を保つことができたことに十二分に満足しています。次の金曜日のパレルモ戦、もちろん翌週水曜日のチャンピオンズ・リーグ、ポルト戦への良い前兆を含みます。

      前へ、そしてもっと高く、ビアンコネリ!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK