25.10.2017 22:51 - in: マッチレポート S

      ユヴェントスが4ゴール挙げ勝利を飾る

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユヴェントスはセリエA第10節・SPAL戦で4-1のゴールラッシュで勝利をつかみ、早くも今季31ゴールに到達した

      ユヴェントスはフェデリコ・ベルナルデスキ、パウロ・ディバラ、ゴンサロ・イグアイン、そしてフアン・クアドラードのゴールでSPALを下した。

      前節のウディネーゼ戦では開始早々に先制点を許したユヴェントスだったが、この一戦では上々の立ち上がりを見せる。14分、右サイドのディバラのグラウンダークロスを受けたドウグラス・コスタがベルナルデスキにパスを出すと、そのベルナルデスキが左脚からボレーシュートを放ち、見事ゴール左隅を揺らした。

      先制に成功したユヴェントスは、22分にイグアインがゴールから約25ヤードの位置でファウルを受けFKを獲得すると、これをディバラが正確な左脚でゴール右上に決めてリードを2点に広げる。なお、ディバラはこれで今季セリエAで11ゴール目をマークしており、今季欧州5大リーグで最多となる3本の直接FKをゴールに結び付けている。

      しかしSPALも反撃に転じる。34分、左サイドのショートコーナーからペナルティエリア内にグラウンダークロスが送られると最後はこぼれ球をアルベルト・パロスキが流し込み、この試合で最初に迎えた決定機をものにする形で1点差に詰め寄る。

      2-1で折り返した後半、ユヴェントスは再びリードを広げる。65分、ピャニッチの右CKにケディラが合わせると相手DFに当たり、そのこぼれ球をファーサイドにポジションをとっていたイグアインが強烈な左足のシュートでゴール左隅に突き刺し、今季セリエAでの4ゴール目をあげた。

      さらにユヴェントスは70分にも追加点をあげる。ドウグラス・コスタが左サイドからクロスをあげると、これにクアドラードがファーサイドから飛び込んできて力強いヘディングシュートを放つ。このシュートをSPALのGKゴミスが弾ききれずにネットを揺らした。

      試合はこのまま4-1で終了。ユヴェントスが怒涛のゴールラッシュで3ポイントを獲得するとともに、セリエA10試合で早くも31ゴール目を記録している。

      3ポイント差で首位ナポリを追走しているユヴェントスは次節、土曜日にアウェイのサン・シーロでミランとの一戦に臨む。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK