17.12.2017 17:02 - in: マッチレポート S

      3-0でボローニャに快勝

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユヴェントスは3ゴールを奪いスタディオ・レナート・ダッラーラで勝ち点3を獲得した。

       3ゴールで3ポイントを奪ったユヴェントス。中でもピヤニッチは1ゴール1アシストの活躍を見せ、ユーヴェの勝利を手繰り寄せた。

        この試合を無失点で終えたユヴェントスは、これで6試合連続のクリーンシート。500分間を超える時間、失点を許していない。

        ユヴェントスは慎重なスタートを切ると、ピヤニッチがゴール隅にFKを沈め27分に先制に成功する。ピヤニッチにとって今シーズン4ゴール目のこのゴールは、セリエAで記録したFKからの14ゴール目となった。

        ピヤニッチのゴールから10分後。ユヴェントスが追加点を奪う。ピヤニッチがマンジュキッチに美しいロングパスを送り、マンジュキッチが胸トラップ。左足を振りぬきネットを揺らした。マンジュキッチの今シーズン6ゴール目でユヴェントスが2-0とリードして前半を折り返す。

        後半、ユヴェントスの足が止まることはなかった。64分、マテュイディがユヴェントスでの初ゴールとなる左足ボレーをネットに突き刺しユヴェントスは3点のリードを確保する。その後、スコアが動くことはなくユヴェントスが3-0で勝利を収めている。

        ユヴェントスは優勝争いにおいて重要度の高いローマ戦を24日に控えている。ローマ戦に向け最大の準備をして臨むだろう。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK