28.02.2017 22:55 - in: マッチレポート S

    ユーヴェの後半の一斉射撃がコントロールした

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントス、2試合を戦うコッパ・イタリア準決勝で決勝戦へのアドバンテージを掴むためにナポリを3-1で逆転勝利

    後半のユベントスが展開した、パウロ・ディバラのPKでの2点、ゴンサロ・イグアインのゴールで火曜日夜のコッパ・イタリア準決勝ナポリ戦、ユベントス・スタジアムでのファースト・レグを3-1で勝利し決勝へ一歩近づくことになった。

    前半早々のホセ・カジェホンの近距離からのゴールは期待外れであったが、セリエA首位はスタイリッシュにハーフタイム後に逆転し、それは22分間での印象的な3ゴールでナポリを困惑させた。

    リーグとカップでの直近ホーム34試合全てそれぞれの試合で勝利を挙げているチームの自信から始め、この夜最初の意味のあるパンチをユーヴェ次第で放つことに、 パウロ・ディバラが、レオナルド・ボヌッチのクロスフィードパスを受けゴールに向かうもペペ・レイナがこれを拒んだ。

    この瞬間後、コーナーから生じたマリオ・マンジュキッチのヘディングはバーを越え、クワドォ・アサモアのハーフボレーは枠を外れ、ミラレム・ピアニッチはナポリの壁に阻まれた。

    反対に、ナポリにわずかなチャンスが訪れます。ナポリは活発に戦い、距離のあるところから、始めにマレク・ハムシクと次にマルコ・ログネトを二度試した。

    そして、この瞬間後イグアインの素晴らしいアサモアとの繋ぎのプレーからのシュートはバーを越え、ロレンツォ・インシーニェの低く早いクロスからカジェホンが得点を奪いマウリッィオ・サッリ監督チームは、静まるユベントス・スタジアムでリードを奪った。

    ハーフタイムへ向かい強さは下がるも、マリオ・マンジュキッチとシュテファン・リヒトシュタイナーは前半アディショナルタイムのレイナの攻撃を防ぎ、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、不運にもロッカールームで1点のビハインドで向かうことになった。

    何が来るか、チャンスが否定されたかは、ほとんど重要ではありません。

    言い換えれば、アッレグリ監督は後半チームを送り出し、対戦相手が動く前にビアンコネリは試合再開の瞬間、動きにより望ましい影響から同点に持ち込み、パウロ・ディバラは、自身で得たPKで得点を挙げた。

    瞬時にユーヴェは生き返り、ベンチからフアン・クアドラードが投入されたことで1つが引き起こされます。全てのセカンド・ボールをナポリから奪い、サミ・ケディラとイグアイン両者がファイナル・サードへパスを送りレイナに挑戦しボックス内へ走り込んだ。ナポリのディフェンスはきしみ、ユベントスの2得点目は時間の問題となった。

    良い時間に2つの致命的なミスがアウェイ・キーパーのレイナがあり、その時点までナポリの同点を保っていたが、ユーヴェに決定的なプレーがあった。65分にスペイン人キーパーは、ピアニッチのコーナーがフラップした後イグアインのボレーからゴールを守ることができず、そして深くからクアドラードのスプリントをファウルで止め、ディバラは再びPKからゴールを奪った。

    後半22分間の3ゴール。よろめくナポリと飛躍するユベントス。

    近距離のケディラのシュートはカリドゥ・クリバリにシュートブロックされ、強烈なユベントスは4点目を加えそうだったが、11回優勝を叩いしているチャンピオンは3ゴールで勝利し、ローマでのコッパ・イタリア決勝へ大きなステップを踏んだ。

    私達は、4月5日に再びナポリで戦います。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK