19.03.2017 17:11 - in: マッチレポート S

    スーパー・フアン、サンプ戦を決める

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    フアン・クアドラードの強力なヘディングがユーヴェのサンプドリア戦を決め、ジャンルイジ・ブッフォンがジャンピエロ・ボニペルティの出場記憶を凌ぎます

    ジャンルイジ・ブッフォンがビアンコネリでの個人記録、クラブで最も長い出場分数39,681分出場を果たし、背番号1がジェノバでのユベントスにとって重要なものとなり、フアン・クアドラードの素晴らしいダイビング・ヘッドがサンプドリア戦勝利を決め、29試合中24勝を挙げた。

    7分のクアドラードのアクロバティックなフィニッシュの後、早々に試合を支配しビアンコネリは自分自身の戦いをするも、前半サンプドリアのキーパー、クリスティアン・プジョーニの素晴らしいパフォーマンスでスタディオ・ルイジ・フェラリスでの得点を1-0に保った。

    サンプの後半の逆襲は、ユーヴェにとって更に難しい戦いを強い、数少ないユーヴェの記録を破ったブッフォンに快適な戦いにする事は無かった。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は同様に選手とサポーターへ、4月のバルセロナ戦まで4試合重要な国内での戦いがあると警戒し、チームは開始から正当に注意を持ってアドバイスを受けました。

    ユベントス・サポータは、チャンピオンズ・リーグ直後の対戦で即座にアウェイ敗戦の恐れを、元ビアンコネリのファビオ・クアリャレッラの6分のポストを数インチ外れたシュートから受けたが、フアン・クアドラードがこの60秒後に早々の緊張感を強めた。

    クアドォ・アサモアのサイドでの素晴らしい働きから、空飛ぶコロンビア人のフィニッシュへシンプルに決め、アサモアのピンポイントのクロスを背番号7は止められない強烈なヘディングでネットを揺らした。クラブでセリエA50試合目となる出場を祝う完璧な方法でした。

    そこから、リーグ首位のユベントスは、冷静で効率的なサンプドリア守備陣を開こうとし振り返る事はありませんでした。試合前の話が歴史的な記録を作るブッフォンへ集中していたが、反対のキーパー、プジョーニがチームを試合で保っていました。

    クアドラードのアクロバット・シュートの10分後、ゴンサロ・イグアインのディフェンスのミスに続く右足からの強烈なシュートを、その後のマリオ・マンジュキッチのゴールへのシュートを36歳のベテラン・キーパーは素晴らしくブロックした。

    丁度30分前に、パウロ・ディバラが怪我で下がると、ユーヴェの流れは止まる恐れがありました、しかしユーヴェは、ハーフタイム直後にアドバンテージを2点にするために、再開からベストの形を作り続けました。

    交代で入ったマルコ・プヤカがボックス端でシャープなワンツーをつなぎます。イグアインが一組のサンプ・ディフェンダーの注意を払わず調子の良いプジョーニのへゴールに向けて力を入れシュートを放っていた。

    ハーフタイムの後、サンプドリアは徐々にピッチを縮め試合でのペースを見つけ始めます。しかしポゼッションを最大に楽しむも好戦的なユーヴェ・ディフェンスによって、サンプドリアは点を奪う事は出来なかった。

    中盤での激しい動きで、どちらのゴールキーパーにもほとんどチャンスへの注意がありませんでした。65分には、セリエAでユベントスの選手として誰よりも出場し、ジャンピエロ・ボニペルティの記録を抜き歴史を作ったブッフォンは、後半の途中で試合を楽しむ余裕がありました。

    より重要な事に、インターナショナル・ブレーク前、スクデットを獲得への威圧を維持するためにユーヴェの終盤のサンプのプレッシャーに抵抗し、キャプテンは更なる勝ち点3と無失点を楽しみました。

    あと9試合の戦い、ユーヴェは進みます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK