25.02.2017 22:48 - in: マッチレポート S

      ユベントス・スタジアムで30連勝!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マリオ・マンジュキッチとアレックス・サンドロの後半のゴールは、土曜日夜のエンポリ戦でユベントスのリーグ戦ホーム30連勝を導いた

      ユベントスは、土曜日夜、マリオ・マンジュキッチとアレックス・サンドロの後半のゴールで、自身のセリエAホーム連勝記録を30まで広げた。

      整ったエンポリディフェンスに対し、苛立つ序盤を良く戦った後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、後半深く戦い、挑戦者ナポリがアタランタにホームで2-0で敗れ、一時的に2位ローマに対し勝ち点10点差のアドバンテージを広げる事になった。

      水曜日のポルトガルでのアウェイ2-0勝利での戦いから6人が変わり、安定した開始後、アッレグリ監督の采配の影響からチャンピオンは素晴らしいクオリティを後半示し勝利をつかむ事になった。

      活発に戦うも点を奪うところまではいかなかった、わずかなチャンスがゴンサロ・イグアインへ訪れます。ゴールキーパーのウカシュ・スコルプスキの正面へ6ヤードからのシュートを放ち、マリオ・マンジュキッチは、右サイド、フアン・クアドラードのドリブルからのクロスからシュートも枠を外れ、この2つのプレーは、最大のチャンスで、更にイグアインは、マンジュキッチへ素晴らしいパスを送るも得点への道を埋めるには長いものとなった。

      ミラレム・ピアニッチのフリーキックは、エンポリの壁に吸い込まれ、ハーフタイム前の得点にはならず、ビアンコネリは苛立つ45分戦った。

      前半の特徴となった浪費は、後半精度とともに幸いにも変わる事になった。急いで戦ったリスタートの後、ユーヴェは均衡を打破するために更に2度のチャンスを必要とした。高いクオリティで送られる2度目のマンジュキッチのヘディングから、イグアインがボレーシュートと驚くほど慌しい攻撃があった。

      ユーヴェにとって52分、特にマンジュキッチにとってこのチャンスの継続はスタイリッシュなフィニッシュで成果を挙げた。アウェイ・ディフェンスから引いて、フアン・クアドラードがスペースを見つけ、右からのクロスをマンジュキッチへ放つと、稲妻の様な止められないヘディングをクロスバー下へ放ち、スコルプスキのラインの後ろを切った。

      ホーム群衆は15分後、どんな試合にでも勝利に値するチームでのゴールを歓迎するために再び立ち上がります。クラウディオ・マルキジオ、ゴンサロ・イグアイン、クアドラードの間での巧みなプレーがダニ・アウヴェスへ交差するポジションとなり、低いクロスをアウヴェスがアレックス・サンドロへ送るとそのままファー・コーナーへシュートを放ち追加点を挙げた。

      アッレグリ監督のチームが最終的に快適な勝ち点3をホームで奪うのが確実となり、パウロ・ディバラとチャンピオンズ・リーグでのヒーローとなったマルコ・プヤカが終盤出場し、ユベントス・スタジアム内のお祭りの空気に華を添えた。

      ナポリとのコッパ・イタリア準決勝は火曜日夜に待ち受けています。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK