15.04.2018 20:15 - in: マッチレポート S

      3ゴールでサンプに勝利

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マンジュキッチ、ヘーヴェデス、ケディラのゴールをアシストしたドウグラス・コスタの活躍でビアンコネリが3-0の勝利を収めた。

      マドリードでのチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦から4日後の15日、ユヴェントスはホームのアリアンツ・スタジアムでサンプドリアと対戦した。イグアインがベンチスタートとなる一方、クアドラードが先発に名を連ねた。先にキックオフされた試合でナポリがミランと引き分けたため、ビアンコネリにとっては2位との差を広げるチャンスとなった。

      序盤からボールを支配しサンプドリアゴールに迫ったユーべだが、得点を奪うことはできない。すると21分、CKからにファーサイドで合わせたサンプドリアのクアリャレッラがヘディングシュートを放つ。このボールはブッフォンが素早い反応でセーブし、得点は許さなかった。

      29分には右サイドからマンジュキッチ、35分にはペナルティエリア外から枠内にシュートを打つが、ともにゴールキーパーにセーブされた。その後もユーべは決定機を作り出せないまま、0-0で前半戦を終えた。

      後半開始直後にはキエッリーニが最終ラインでボールを奪われ、コフナツキにゴール前でシュートを許すが枠を外れて事なきを得た。

      60分には再びドウグラス・コスタが左サイドからクロスを入れると、フリーになっていたヘーベデスが豪快なヘディングでゴールを奪って、ビアンコネリがリードを2点に広げた。

      さらにその15分後、今度は右サイドを突破したドウグラス・コスタがゴール前にマイナスのボールを送り、ケディラがフィニッシュ。ユベントスが3点目を奪う。

      アディショナルタイムにはヘーヴェデスのミスからサンプドリアのサパタが決定機を迎えるが、ブッフォンが1対1の場面でセーブを見せてクリーンシートを達成。

      3-0の勝利で勝ち点3を手にしたユベントスは、2位ナポリとの勝ち点差を6に広げてスクデット獲得へ大きく前進した。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK