26.03.2017 14:30 - in: イベント S

      グルリアスコのヘイゼルの犠牲者への敬意

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ジャンルカ・ペソットとパオロ・ガリンベルティは、グルリアスコの庭でのヘイゼルでの事故の被害者への買いに参加しました

      日曜日、トリノ近郊グルリアスコで、1985年5月29日ヘイゼル・スタジアムでの事故の被害者への哀悼と団結のメモリアルの日となった。

      J|ミュージアム館長パオロ・ガリンベルティ、アカデミー長ジャンルカ・ペソット、グルリアスコ市長ロベルト・モンタ、グルリアスコClub Doc長マッシモ・パパレーラ、ブリュッセルの目撃者で「Quella di Via Filadelfia」創設者ジュゼッペ・フランツォが、その失われた39人の命へ市議会とユベントスclub docグルリアスコ・サポーターズ・クラブが運営する記念式典に参加しました。

      出席者の哀悼の終結に関して、「Giardino Vittime Heysel(ヘイゼル被害者の庭)」という、この悲劇の夜のメモリアルを残すコミュニティ・スペースとして、リボンが切られました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK