20.09.2018 00:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      アッレグリ監督「非常に重要な勝ち点3」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「まるで2つの違う試合だった。必要に応じてサッカーをプレーし、うまく守備に専念する時間もあった」

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は水曜日のメスタージャでの試合後、難しい状況で2点のリードを守り切り勝利を勝ち取ったチームに満足感を示した。

      「最高のスタートを切ることができたが、ここで気を緩めることはできない」と監督は語る。「日曜日にはアウェイでの試合があり、それからナポリと対戦しヤングボーイズも倒さないといけない。今日は試合を支配しリードを奪い、相手にチャンスを与えない試合ができた。間違いなく有意義なテストだったよ」

      「ハードワークし、無失点で終えられたのは良いこと。今日のように集中していれば簡単には失点しないし、前に出ていく時も威力が増している」

      アッレグリ監督はクリスティアーノ・ロナウドが退場処分を受けたシーンを振り返り、UEFAの大会にもVARを導入することを求めた。

      「クリスティアーノの退場はVARが審判の助けになることを示す例だった」と監督は言う。「疑問の残るレッドカードで10人になり大きな問題となる可能性があったが、幸運にもそうはならなかった。クリスティアーノは動揺していたし、落ち着く時間が必要だ。こうした出来事は後味が悪いが、日曜日に集中しないといけない」

      また監督は負傷交代したドウグラス・コスタの状況についても説明している。

      「最初のダッシュで内転筋を痛めてしまった。残念ながらここ数日彼はメンタル的にダメージを受けていたので、怪我の心配があった。ああいうことがあると、怪我のリスクは非常に高い。最後の20分だけ出場させるというのは戦術的な判断だったが、それでも怪我をしてしまった」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK