07.01.2018 12:13 - in: セリエA S

    カリアリ戦後に9日間の休暇に入ったユヴェントス

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユヴェントスの選手たちは日本時間7日のカリアリ戦後、9日間の休暇に入っている。またカリアリ戦で負傷交代したディバラの状態も明らかになっている。

    日本時間7日のサルデーニャでの激闘を終えたユヴェントスはウィンターブレイクに突入している。そのユヴェントスの選手たちには1月15日まで休暇が与えられており、16日から再びヴィノーヴォでトレーニングを開始する予定だ。

    ディバラのコンディションについて

    パウロ・ディバラはカリアリ戦後の8日にJメディカルでMRI検査を受けている。その結果、右大腿筋に問題を抱えていることが判明しており、ディバラはコンディション回復に向けたリハビリを近日中にも始める予定だ。

    ジョルジョ・キエッリーニはカリアリ戦で頭部に8針を縫う怪我を負っているものの、怪我はそこまで深刻ではないようだ。またヴォイチェフ・シュチェスニーとの交錯により脳震盪を起こし、途中交代を強いられていたサミ・ケディラだが、カリアリ戦後に検査は行っていないようだ。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK