07.10.2017 09:30 - in: FIFAワールドカップ S

    キエッリーニとマンジュキッチがW杯予選で得点

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    キエッリーニとマンジュキッチはそれぞれイタリア代表、クロアチア代表で1ゴールをマーク、両チームとも1-1のドローで終えた

    ユヴェントスにとって、10/6(金)の晩は忙しいものとなった。DFアンドレア・バルザーリ、MFフェデリコ・ベルナルデスキ、GKジャンルイジ・ブッフォン、DFジョルジョ・キエッリーニ、DFダニエレ・ルガーニが出場したイタリアはマケドニアと、そしてFWマリオ・マンジュキッチが出場したクロアチアはフィンランドと対戦した。

    スタディオ・オリンピコ・グランデ・トリノでは、イタリアがマケドニアとの一戦でドローで終えたことにより、グループ2位通過が確定。11月のインターナショナルマッチウィークでプレーオフを戦うこととなった。なお、この一戦ではキエッリーニがラツィオのFWチーロ・インモビーレのクロスに合わせてゴールを挙げている。

    一方、マンジュキッチはフィンランド戦で57分、ボックス内のこぼれ球を押し込んでゴールを奪ったものの、試合は1-1で終えている。そのクロアチアは最終節でウクライナとの直接対決を控えており、この試合で勝利するとグループ2位以内がほぼ確定する。またアイスランド対コソボの結果次第では首位で最終節を終え、本大会ストレートインを決める可能性もある。

    今晩はフランス代表のMFブレーズ・マテュイディがブルガリア戦、スイス代表のDFステファン・リヒトシュタイナーがハンガリー戦、そしてモロッコ代表のメディ・ベナティアがガボン戦に臨む。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK