topchannel_jhotel

J|ホテル

サッカークラブとコラボして建てられた、イタリアで最初のホテル

Jホテルは、ユベントスとイタリアの観光業界の最大手の一つ、リンドバーグホテルズグループとのコラボレーションから生まれた新しいホテルプロジェクト。同ホテルは、アリアンツスタジアムとユベントス博物館から徒歩圏内にある。モダンながらアットホームなエクスクルーシブな空間は、サッカーファンのみならず、機能性と快適性を求める人々にとっても最適な、最高水準の施設である。

エクスクルーシブなサービス 

スポーツイベントを間近で体験し、会議を開いて、地域の文化的特性を体験できるとっておきのサービス。Jホテルは、1万1200平方メートルの敷地内に建てられ、コングレスセンター、レストラン、ラウンジバー、ウェルネスセンター、さらに大きなガーデンを備える。コングレスセンターには、フレキシブルな会議室が5部屋ある。そのうち4部屋は20人まで、もうひと部屋は90人収容可能である。全部屋に太陽の自然光が十分入ってきて、最新のテクノロジーを備えている。宿泊客は、リビングスペースでリラックスしながらコーヒーやアルコール飲料を楽しむことができる。

_J026006

ベッドルーム

138ある部屋は5つにカテゴリーに分類されている:

  • コンフォート
  • デラックス
  • エグゼクティブ
  • J エグゼクティブ
  • スイート

これらに加えて35室がチーム専用に設備されている。Jホテルの一部エリアは、ホームゲームの際には、トップチームがプレマッチの準備をする際に利用する。

_J010891_2019111981012113_20191120114345

レストラン

「Taola’s」レストランの監修は、数々の賞を受賞してきた著名なシェフ、ダヴィデ・スカビン。Jホテル内の同レストランのメニューをすべて手掛けており、イタリア国内の様々な伝統的な料理が楽しめる。リボリにある世界有数のレストラン「Combal.Zero」のシェフを務めるスカビンは、国内だけではなく、海外でも有名な超一流シェフだ。