BCR22HD1230_17b709ba-350b-4323-83f8-bbc2d1cfee08 (1)

お帰り、ヴィッラール・ペローザ

SHARE
お帰り、ヴィッラール・ペローザ
お帰り、ヴィッラール・ペローザ
お帰り、ヴィッラール・ペローザ

アメリカツアーから帰国したチームはテル・アビブでのアトレティコ・マドリード戦、そして22/23シーズン開幕の前に、ヴィッラール・ペローザを訪れた熱狂的なファンの前でU-23チームとの練習試合を行った。

試合

穏やかな雰囲気の中で行われた試合は、それでも白熱したものとなった。マッシミリアーノ・アッレグリ監督率いるトップチームは立ち上がりからプレッシングを掛け、序盤に2ゴールを奪う。まずはキックオフ直後にロカテッリがシュートを叩き込み、その15分後にはボヌッチがディ・マリアのコーナーキックに合わせた。

トップチームは前半を通して主導権を握り続け、特にヴラホヴィッチは複数のチャンスを作るなど存在感を示した。U-23チームもゴール前でスペースを与えず、前半の失点を2で抑えた。

短い後半

後半もキックオフ直後にトップチームがゴール。ロヴェッラがスコアを3‐0とした。その数分後には恒例となっているファンのピッチ侵入により、試合が終了。選手たちはヴィッラール・ペローザでファンとともに充実した時間を過ごした。

関連項目