AGNELLI CONF AZIONISTI1

アニェッリ会長の株主総会後の記者会見

SHARE
アニェッリ会長の株主総会後の記者会見
アニェッリ会長の株主総会後の記者会見
アニェッリ会長の株主総会後の記者会見

木曜日に行われた株主総会後、アンドレア・アニェッリ会長が毎年恒例の記者会見に出席した。

今年は新型コロナウイルスの感染を防ぐためミーティングはオンラインで行われ、アニェッリ会長は「まずは新型コロナウイルスに影響された全ての人々、彼らの家族、そしてウイルスと戦う医療機関の人々に思いを捧げます」と語っている。

会長は長時間の会見の中ででクラブの再組織化や今後の見通しなど、様々なトピックに言及した。

ほろ苦いシーズン

「2019/20シーズンはピッチ内外でほろ苦いものでした。素晴らしい結果を達成しましたが、予想外の失望もありました」

「1月に行った3億ユーロの増資には3つの狙いがあります:スポーツ面の競争力を保つこと、営業収益とユヴェントスブランドの露出を増やすこと、そして商業的、財政的バランスを強化することです。予想外の出来事で必要となる前に、財政的な基盤の強化を行うことができました」

_F1A2464_2020101544705646

「ピッチ上の結果に関して言えば、パベル・ネドベド、ファビオ・パラティチ、フェデリコ・ケルビーニに感謝することしかできません。通常とは異なる状況を考慮しても、9連覇の功績はもっと評価されるべきです」

「3度目のスクデットを獲得した女子チーム、リタ・グアリーノ監督、そしてイタリア女子サッカー界最高のディレクターであるステファノ・ブラギンにも拍手を送ります。2年目のU-23チームをタイトルに導いたファビオ・ペッキアにもハグを送りたいと思います。プロジェクトは今後も続きますし、選手たちはトップチーム、プロサッカー界、代表チームなどに居場所を見つけていくことでしょう」

「失望も忘れてはいません。2つの決勝戦での敗戦とチャンピオンズリーグ敗退の痛みはまだ癒えていません」

“「パンデミックの前の時点で、私たちのピッチ外での成果は中期プランの通りでした。例えばスポンサー収入は2000万ユーロ増加して1億3000万ユーロに到達し、国内でのテレビ放映権料を超えています」

「またユヴェントスはインスタグラム上で最もフォローされているイタリアのブランドになりました。これは私たちの成長を示すものです」

クラブの再組織化

「今年の春には緊急事態への対処を迫られましたが、同時にそれは内部の再組織化のための時間でもありました。ファビオ・パラティチ率いるフットボール部門と、ステファノ・ベルトラ率いるビジネス部門の2つに組織を再編しました。ジョルジョ・リッチが引き続きチーフ・レヴェニュー・オフィサーを務め、フェデリコ・ケルビーニがフットボール・ディレクターを務めます」

「我々の目標は成長を続け、各エリアを組織化し、ピッチ内外で台頭する若い才能のために生産的な環境を整えることです」

「ファビオとフェデリコとともに、パベルと私は今後数カ月で中期プランを作ります。チャレンジの中でも最も重要なのは、スクデット10連覇を達成すること。私たちはチームであり、我々の信念は『私』よりも『私たち』が勝るということです」

「イタリア国内とヨーロッパでの競争力を高めるだけでなく、才能を見つけるためのクリエイティビティが非常に重要になります」

The 2020 Shareholders' Meeting | Press conference

The 2020 Shareholders' Meeting | Press conference

パンデミックへの対応

「3月と4月に私たちは素晴らしい仕事をし、その結果ほとんどの国内リーグ、ヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグを終えることができました」

「新型コロナウイルスは、私たちに社会における大きな責任を与えるものです。セリエAでは4000人が継続的に検査を受けており、これは非常に有益であり重要な投資です。我々の活動継続を可能にするプロトコルを実現した大臣、リーグ、サッカー連盟会長に改めて感謝します」

「現時点ではスポーツ大会の再モデリングは必要ありません。一つのやり方で大会が始まったら、それを最後まで維持しないといけません。サッカー連盟やCTSとの合意のもとで導入しているプロトコルは、シーズンを終えるために十分なものです」

パンデミックのサッカー界への影響

「1年後にはこの状況のサッカー界への影響がはっきりするでしょう。最低でもサッカー界全体で52億ユーロから63億ユーロの損失が予想され、移籍市場も影響を受けます。最悪のシナリオでは65億ユーロから84億ユーロの損失が出るでしょう」

_F1A2485_2020101544705646

「20年間成長を続けてきた欧州サッカー界の売上高が初めて減少しているのは明らかです。今後数カ月で各1部リーグに所属する計360クラブで約60億ユーロの増資が必要になるかもしれません」

「戦略を見直す必要はありますが、ビジネス面での直接投資、UEFA TVなどのOTTプラットフォームを含め、現在のシステムには素晴らしい強みと機会があります」

マウリツィオ・サッリ

「マウリツィオ・サッリとは素晴らしい思い出を共有しています。彼は教養とユーモアがあり、サッカー以外にも多くの関心がある人物です。彼とともにタイトルを勝ち取れたことを嬉しく思っています。私たちは彼を優勝監督の一人として記憶に留めます。ただ継続するために必要な化学反応がなかったのです」

アンドレア・ピルロとスタッフ

「私たちの周りの世界は一つか二つの敗北ですぐに評価を下そうとしているように感じています。ピルロにはプレシーズンの準備期間もなかったですし、我々は困難なスタートの中で彼を正しくサポートしていく必要があります。現在のコーチングスタッフのように全員が自らの役割をしっかりと自覚して働くモダンなスタッフを見たのは初めてです」

関連項目