conferenza UCL01

キエッリーニ「ポルトは危険なチーム」

SHARE
キエッリーニ「ポルトは危険なチーム」
キエッリーニ「ポルトは危険なチーム」
キエッリーニ「ポルトは危険なチーム」

ユヴェントスが水曜日の夜、チャンピオンズリーグに帰ってくる。ポルトとのラウンド16第1戦を前に、アンドレア・ピルロ監督とジョルジョ・キエッリーニが記者会見に出席した。

アンドレア・ピルロ

ポルトは守備に優れたコンパクトなチームで、4人の2つのラインが狭い空間でプレーする。強引なプレーをせず、カウンターを受けないように辛抱強くならないといけない。チャンピオンズリーグはは特殊な大会で、リーグとは異なる。優勝を狙うチームが多くあり、全ての人が勝ち取りたいと思っているし、その時のチーム状態が勝負を左右する。メンタル面の準備が重要だ。ポルトは私たちとは違う。彼らはリーグでは攻撃的で、ヨーロッパではより注意深い。私たちは異なる戦い方をしたいが、時には守ることも必要だ。

conferenza UCL04

私たちは全ての目標を達成したいと思っている。シーズンの中盤に到達したが、まだ全ての大会に残っているしそれが最も重要なことだ。土曜日の試合も結果は出なかったが良いプレーができたので、心配していないよ。

ラムジーは出場できる。ディバラはまだ準備できておらず、ボヌッチも欠場する。しかし二人ともチームとともに行動したがっているので、遠征にも連れていくよ。攻撃面ではゴールを決めるためにより多くのチャンスを作っていきたい。ディバラのゴールも必要だし、これまであまり多く出場できていないので、継続的にプレーして新戦力のようになってくれることを願っている。クリスティアーノは母国のピッチでいつもと同じように、特にこのような試合ではゴールを決めたいと思っているだろう。

モラタは多くの時間プレーしている。彼は筋肉系の怪我から復帰し、その後風邪もあったので最近は100%の状態ではなかった。問題なく満足しているが、全てのフォワードと同様にゴールを決める必要がある。彼を信じているよ。彼ももクルゼフスキも問題ない。誰が先発するかは明日は状態を見て決めるよ。二人とも良いプレーができている。

コンセイソンとは選手として何度も対戦した。素晴らしいテクニックがあり、ポルトガルの人々に愛されていたね。ポルトの監督としても非常にいい仕事をしている。

ジョルジョ・キエッリーニ

僕たちは良い時期を過ごしており、土曜日の試合を引きずることはない。全ての目標のために戦っているし、これからまた新たな大きな目標に向けた戦いが始まる。困難を認識した上で、熱意を持って臨むよ。ポルトは守備が非常に堅くフィジカルなチームなので、うまく攻略して鋭いカウンターを受けないようにしないといけない。

僕たちにはレベルの高い4人のセンターバックが揃っている。選ぶのは監督であり、僕たちはそれを受け入れて常に準備しないといけない。チームが勝っているし僕たちはローテーションで出場しているので、満足しているよ。感情的な部分も重要だけど、僕たちはコッパ・イタリアで同じような経験をしている。チャンピオンズリーグの相手のことは国内のチームほど知らないので、過去2シーズンのミスを繰り返さないようにしないといけない。

練習と試合から得た知識によって、チームメートとの連携を改善することができる。クリスティアーノは特別な価値をもたらしてくれるし、彼の経験を共有できるのは幸運なことだ。組み合わせが決まって以降、ポルトのフォワードを分析してきた。スペースでもクロスに合わせる時も危険であり、サイドでも素晴らしいプレーができる。彼らにスペースを与えないようにしないといけない。

conferenza UCL03

関連項目