cfs pirlo

サッスオーロ戦後のコメント

SHARE
サッスオーロ戦後のコメント
サッスオーロ戦後のコメント
サッスオーロ戦後のコメント

ユヴェントスは12日、アドリアン・ラビオ、クリスティアーノ・ロナウド、パウロ・ディバラのゴールでサッスオーロを3-1で下した。試合後、アンドレア・ピルロ監督、ジャンルイジ・ブッフォン、ラビオの3人が勝利を振り返った。

アンドレア・ピルロ監督

「先週末の後で立ち直るのは簡単ではなかったが、残り試合で全力を出すしかない。サッスオーロは前線に人数を掛けてくるのでタフな試合だったが、我々のスターたちが勝利に導いてくれた」

「ディバラが帰ってきたのは大きい。今季は欠場が多かったので、今はプレー時間を増やす必要がある」

「最近は個人のミスで問題が生じている。ユーヴェでは小さなミスも許されないので、残念なことだ。今季は完全に集中できていないことが多かった。メンタル面は非常に重要であり、今夜はその点でうまく行った」

「今は少し休んで、インテル戦について考える。我々はまだ諦めていない。簡単ではないが、最後まで戦い続ける」

ジャンルイジ・ブッフォン

「ウォームアップの時から自分にプレシャーを掛けていたんだ。特に無観客の時は、それが精神的に準備するためのベストの方法だと思う」

「僕たちは偉大なチームだけど安定性が欠けているために、これまで必要以上に勝ち点を落としてきた。しかし一発勝負ではどんな相手とも互角に戦えると示してきた」

「ユーヴェに帰ってきた時は新しい役割でのチャレンジだと思ったし、熱意を持って仕事に取り組んできたから満足しているよ。僕はユーヴェに全てを捧げ、それ以上のものを受け取ってきた。幸せな男としてここを去るよ」

アドリアン・ラビオ

「今日は正しい姿勢を見せられたけど、難しいシーズンなのでもっとやらないといけない。僕たちが考えているのはチャンピオンズリーグ出場権を獲得することだけだよ」

「僕はいつも全力を出そうとしているし、今日はいい感じだった。少し疲れはあるけど、残りの2試合も全力を尽くして、最後まで戦い続けないといけない」

関連項目