Match Salernitana Juventus 30 novembre 2021

サレルノで勝ち点3

SHARE
サレルノで勝ち点3
サレルノで勝ち点3
サレルノで勝ち点3

ユヴェントスは30日に行われたセリエA第15節でサレルニターナを2-0で下した。前半にディバラが先制ゴールを挙げ、後半に途中出場のモラタがリードを広げて敵地で勝ち点3を手にした。

前節アタランタ戦の敗北を払拭したいユーヴェは立ち上がりからディバラ、クルゼフスキらが立て続けにシュートを放つなど積極的にゴールを狙う。一方のサレルニターナも15分に右サイドからのクロスにシミーが頭で合わせ、チャンスをうかがった。

均衡が破れたのは21分。左サイドからのボールを中央で受けたディバラがクルゼフスキとのワンツーでゴールに接近し、左足のシュートを突き刺して先制点をもたらした。その7分後にもクアドラードのフリーキックがポストに当たったこぼれ球をキエッリーニが押し込みゴールネットを揺らしたが、その前にキーンがオフサイドだったとして得点は認められなかった。

1点リードで迎えた後半も試合はユーヴェペース。58分には右サイドからのクロスが流れたボールがペナルティエリア内のラニエリの前にこぼれる大きなピンチを迎えたが、シュートは幸運にもポストに弾かれて事なきを得た。

リードを広げたいユーヴェは67分にモラタを投入。するとこの采配が的中する。70分、ゴール前に侵入すると角度のない位置からのベルナルデスキの折り返しをゴールキーパーの前でコースを変え、股抜きでゴール。スペイン人ストライカーが投入直後にインパクトを残し、追加点を生み出した。.

モラタはさらに試合終了間際にもドリブル突破を仕掛けて倒されPKを獲得。しかしキッカーのディバラは足を滑らせ、シュートはクロスバーの上に外れた。それでも2-0のまま試合終了のホイッスルを迎え、アウェイで勝ち点3を手にした。

サレルニターナ 0-2 ユヴェントス

得点:ディバラ 21’、モラタ 70’

ユヴェントス

シュチェスニー、キエッリーニ、デ・リフト、クアドラード、ペッレグリーニ (アレックス・サンドロ 67’)、ベルナルデスキ (ラビオ 71’)、ロカテッリ、ベンタンクール、クルゼフスキ (スーレ 90+4’)、ディバラ、キーン (モラタ 67’)

サブ:ペリン、ピンソーリョ、ボヌッチ、ルガーニ、デ・ヴィンテル、、アルトゥール、カイオ・ジョルジ

サレルニターナ

ベレツ、ヴェセリ、ギェンベール、ガリョーロ 、ゾルテア、クリバリ、カペッツィ (ディ・タッキオ 50’)、ケシュリダ(スキャヴォーネ 50’)、ラニエリ (ヤロシニスキ 82’)、ボナッツォーリ (ヴェルガーニ 82’)、シミー (ジュリッチ 64’)

関連項目