Match Inter-Juventus 12 gennaio 2021

サンチェスに決勝点を奪われスーペルコッパに敗れる

SHARE
サンチェスに決勝点を奪われスーペルコッパに敗れる
サンチェスに決勝点を奪われスーペルコッパに敗れる
サンチェスに決勝点を奪われスーペルコッパに敗れる

ユヴェントスは12日、敵地サン・シーロでインテルとのスーペルコッパに挑み、延長戦の末に1-2で敗れてタイトルを獲得することはできなかった。前半にウェストン・マッケニーのヘディングで先制したがPKで追いつかれ、最後は延長戦の終了間際にアレクシス・サンチェスに決勝ゴールを奪われた。

マッケニーが先制点

立ち上がりに優位に立ったのはインテル。まずは6分にコーナーキックに合わせたデ・フライに危険なシュートを許したが、ゴール右に外れて事なきを得た。その1分後にはペナルティエリア内のラウタロ・マルティネスが同様にゴールの枠をかすめるボレーシュートを放った。

冷静に相手の時間帯に耐えたユーヴェは25分、少ないチャンスを活かして先制に成功する。クルゼフスキが右サイドを突破してクロスを上げ、流れたボールを拾ったモラタが再びゴール前へクロス。これをゴール前でフリーで待ち構えたマッケニーが頭で押し込み、先手を取った。

PKで同点ゴールを許す

しかし34分、デ・シリオがペナルティエリア内に走り込んだジェコを後方から倒し、インテルにPKを与えてしまう。これをラウタロ・マルティネスに勢いよく蹴り込まれ、ハーフタイム前に同点に追いつかれた。

堅守でインテルの攻撃を阻止

後半キックオフ直後には左サイドのラビオからの折り返しが逆サイドでフリーのベルナルデスキに通ったが、シュートは惜しくもゴール右に外れた。その後はインテルのチャンスが目立ち、59分には左サイドからのクロスに合わせたファーサイドのデ・フリースが角度の無い位置からヘディングシュート。ここはペリンが片手でセーブしてピンチを乗り切った。69分に左サイドからのクロスにラウタロ・マルティネスが合わせた場面も、ペリンがしっかりとセーブ。その後もペリシッチの枠内をとらえたボレーシュートをキャッチするなど、シュチェスニーに代わってゴールを守った守護神の活躍が目立った。

サンチェスが終了間際の決勝点

試合は膠着状態のまま90分間を終え、延長戦へ。悲劇的な結末は両者ともにゴールを奪えないまま時間が経過しPK戦に突入かと思われた終了間際に待っていた。相手左サイドからのクロスをアレックス・サンドロがカットするが、そのボールをダルミアンに繋がれ最後はアレクシス・サンチェスが胸でコントロールしたボールを蹴り込んでゴール。試合終了間際の得点がそのまま決勝点となり、インテルがスーペルコッパを制した。

インテル 2-1(延長) ユヴェントス

得点者: マッケニー 25、ラウタロ・マルティネス 35 (PK)、サンチェス 120

インテル

ハンダノヴィッチ;シュクリニアル、デ・フライ、バストーニ; ダンフリース (ダルミアン 89)、バレッラ (ビダル 89)、ブロゾヴィッチ、チャルハノール、ペリシッチ (ディマルコ 100);ジェコ (コレア 75), ラウタロ・マルティネス (サンチェス 75)

監督: インザーギ

ユヴェントス

ペリン;デ・シリオ、ルガーニ、キエッリーニ、アレックス・サンドロ;マッケニー、ロカテッリ (ベンタンクール 91)、ラビオ、ベルナルデスキ (アルトゥール 79);クルゼフスキ (ディバラ 74)、モラタ (キーン 87).

サブ: シュチェスニー、ピンソーリョ、ダニーロ、ボヌッチ、ペッレグリーニ、デ・ヴィンテル、アケ、カイオ・ジョルジ

監督: アッレグリ

関連項目