Match Spezia Juventus 22 settembre 2021

スペツィアとのシーソーゲームを制す

SHARE
スペツィアとのシーソーゲームを制す
スペツィアとのシーソーゲームを制す
スペツィアとのシーソーゲームを制す

ユヴェントスは22日に行われたセリエA第5節でスペツィアを3-2で下し、今季リーグ戦初勝利を挙げた。キーンのゴールで先制した後に一度は逆転を許したが、後半にキエーザとデ・リフトの得点により再逆転に成功した。

先週末のミラン戦から中2日のアウェイゲームでアッレグリ監督はスタメンを大幅に入れ替え、最終ラインにデ・シリオとデ・リフトを起用。またマッケニー、キエーザ、ベンタンクールに加え、キーンが復帰後初めて先発起用された。

序盤から優位に試合を進めたユーヴェに先制点が生まれたのは28分。ロングボールをラビオがうまく頭で落とし、前を向いたキーンがペナルティエリアの縁で勝負を仕掛けて右足を振り抜くと、グラウンダーの鋭いシュートがポストの内側を叩いてゴールネットを揺らした。キーンにとってはこれがクラブ復帰後初ゴールとなった。

しかしその5分後、スペツィアのギャシが左サイドからカットインし、右足の鮮やかなシュートを突き刺して同点ゴール。ハーフタイム前にはディバラが好位置からのフリーキック、ペナルティリア外からのロングシュートでゴールを狙ったがともに相手ゴールキーパーにセーブされ、1-1の同点で前半を終えた。

もう一度リードを奪いたいユーヴェだったが、後半開始直後に出鼻をくじかれる。ロングボールによるカウンターにアンティステが抜け出し、対応したボヌッチをいなしてシュート。これがゴールネットを揺らしてホームチームに逆転を許してしまった。

それでも66分、混戦から抜け出してゴール前に侵入しキエーザが倒れ込みながらボールを押し込み今度はユーヴェが同点に追いつく。そしてその6分後、コーナーキックが流れたボールに素早く反応したデ・リフトがボレーシュートを叩き込み、再逆転に成功した。

最後まで意地を見せたスペツィアの反撃をしのぎ切ったチームはシーソーゲームを制して、今季セリエA初勝利。勝ち点を5に伸ばした。

ユヴェントス:シュチェスニー、デ・シリオ (アレックス・サンドロ 46')、デ・リフト、ダニーロ、ボヌッチ、マッケニー、キエーザ (クルゼフスキ 84')、ラビオ (ベルナルデスキ 67')、ベンタンクール (ロカテッリ 46')、ディバラ、キーン (モラタ 59')

サブ:ペリン、ピンソーリョ、ペッレグリーニ、ルガーニ、ラムジー、クアドラード

関連項目