Match Juventus-Torino 18 febbraio 2022

トリノダービーは引き分け決着

SHARE
トリノダービーは引き分け決着
トリノダービーは引き分け決着
トリノダービーは引き分け決着

18日にアリアンツ・スタジアムで行われたトリノダービーは1-1の引き分けに終わった。前半にデ・リフトのゴールでユーヴェが先制したが、後半にトリノのベロッティが同点弾を決めた。

トリノが好スタート

ダニーロを出場停止、ボヌッチを怪我で欠くユーヴェはさらにルガーニがウォームアップ中に負傷するアクシデントがあり、ペッレグリーニが急遽スタメン入りしアレックス・サンドロがセンターバックを務めた。 中盤にはロカテッリとザカリア、ラビオが起用された。

ベロッティが最前線に入ったトリノは積極的な立ち上がりを見せ、マンドラゴラが左サイドからゴールに向けて突進しシュートを放ったがシュチェスニーがセーブ。ユーヴェの守護神はその後もベロッティのチャンスを阻み、ゴールを許さなかった。

デ・リフトが先制ヘッド

ユヴェントスの最初のチャンスは11分、スルーパスに抜け出したラビオが全速力でゴールに迫り左足でシュートを放ったが、わずかにゴール右に外れた。

先制ゴールが生まれたのはその2分後だった。クアドラードが左サイドからのコーナーキックをファーサイドに送ると、勢いよくジャンプしたデ・リフトがヘディングシュートを叩き込んでユーヴェにリードをもたらした。

先制点で勢いを得たユーヴェはその後もディバラが左サイドからの折り返しに合わせ、モラタがペナルティエリア外からゴールキーパーを強襲するシュートを放つなど、積極的に追加点を狙った。

トリノが同点ゴール

後半の立ち上がりも前半と同様にトリノがチャンスを作り、マンドラドラのアウトサイドに掛けた左足のシュートはシュチェスニーがセーブしコーナーキックに逃れた。

52分にはディバラが遠めの位置から左足を振り抜くが、シュートはわずかにゴールの右に外れた。しかしハーフタイムにデ・シリオと交代したペッレグリーニに続き、ディバラも怪我のためピッチを離れ代わりにマッケニーが投入された。

優位に試合を進めていたユーヴェだったが、62分にトリノに同点ゴールを許してしまう。相手左サイドからの突破を許し正確なクロスをゴール前に入れられると、フリーになっていたべロッティがダイビングボレー。シュチェスニーもシュートを止めることはできず、アウェイチームがゴールネットを揺らした。

アッレグリ監督は終盤にアルトゥールとキーンを投入したが、勝ち越し点を奪うことはできず。トリノダービーは1-1の引き分けに終わった。

ユヴェントス 1-1 トリノ

得点者: 13' デ・リフト (J)'、62' ベロッティ (T)

ユヴェントス

シュチェスニー;クアドラード、デ・リフト、アレックス・サンドロ、ペッレグリーニ (46' デ・シリオ);ザカリア、ロカテッリ (74' アルトゥール)、ラビオ;ディバラ (54' マッケニー)、ヴラホヴィッチ (74' キーン)、モラタ

サブ:ペリン、ピンソーリョ、カイオ・ジョルジ、アケ

監督: アッレグリ

トリノ

ミリンコヴィッチ;ジジ、ブレーメル (89' ボンジョルノ)、ロドリゲス;シンゴ (80' アンサルディ)、ルキッチ、マンドラゴラ、ヴォイヴォディ;ポベガ、ブレカロ (75' ピアツァ);ベロッティ (80' サナブリア)

監督: ユリッチ

関連項目