Pirlo conferenza stampa 10.04.2021

ピルロ「良い試合をする義務がある」

SHARE
ピルロ「良い試合をする義務がある」
ピルロ「良い試合をする義務がある」
ピルロ「良い試合をする義務がある」

水曜日のナポリ戦に勝利したチームは、好パフォーマンスの継続という明確な目標に向けて前進している。日曜日のジェノア戦を前に、アンドレア・ピルロ監督が記者会見で考えを語った。

ナポリ戦

「これまで順位が下のチームを相手に多くの勝ち点を落としてしまったが、まだ獲得できるポイントは多いので良い形でフィニッシュしたい。水曜日のスピリット、姿勢、意志に満足している。明日もそれを継続しないといけない。私たちは継続性を見せないといけない。明日の試合には非常に強い意欲を持って臨む必要がある。モラタはナポリ戦で非常に優れた働きをしており、あと必要なのはゴールだけだ」

明日の試合

「明日はシュチェスニーがゴールを守る。発ではないかもしれないが、ディバラも問題なく準備できているよ。我々には残り試合で良いパフォーマンスを見せる義務がある。目標はいつも同じだ。水曜日は一つの目的を共有した団結があったし、明日もそうでないといけない。クルゼフスキは良い練習ができているので、ジェノア戦ではおそらく先発させるだろう」

チーム情報

「アルトゥールとマッケニーももプレーする準備ができている。デミラルはコロナウイルスだけによる離脱ではなかったので、スタメンに戻る前に出場時間を増やす必要がある。ドラグシンは将来有望な選手であり、彼にフォーカスしたのは正しかった。クルゼフスキとラムジー?彼らも問題ないよ。明日はクアドラードをより前の位置で起用することもオプションになるかもしれない。キエッリーニも十分にプレーできる状態であり、明日は先発で出場するだろう」

キエーザ

「キエーザには戦術的、技術的なアドバイスを送っている。彼はスペースでのプレーと1対1に優れているが、まだボールのマネージメントは改善の余地がある。貪欲で強い学習意欲があるのは素晴らしいことだ」

ディバラの復帰

「ディバラがやっと戻ってきたのは嬉しいこと。彼は違いを作れる選手だ。チャンスがあればクリスティアーノ、モラタ、ディバラを同時に起用できることを願っている」

関連項目