Pirlo Interviste 24 novembre 2020  Juve Fer

フェレンツヴァーロシュ戦後のコメント

SHARE
フェレンツヴァーロシュ戦後のコメント
フェレンツヴァーロシュ戦後のコメント
フェレンツヴァーロシュ戦後のコメント

ユーヴェは24日の夜、フェレンツヴァーロシュを終了間際のモラタのゴールで下してUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出を決めた。

指揮官と選手たちが2-1で勝利した試合を振り返った。

アルバロ・モラタ

「チャンピオンズリーグでは全ての試合が難しく、今日もそうだったけど最後には重要な勝利を手にすることができた。勝てて嬉しいし、次はまたセリエAに集中したい」

「僕は以前に比べてオールラウンドな選手になったと思う。ビルドアップにより参加するようにしていて、最近はよく点も取れている。ポストに当たったシュートもあったけど、ゴールの場面はラッキーだったね」

アンドレア・ピルロ監督

「少し過信があり追いかける展開になってしまったので、違った態度でスタートしたかった。最初のプレッシングにエネルギーが足りなかったが、姿勢を崩してカウンターを受けることを避けるのが重要だった。前半は何回かカウンターを許してしまったが、後半は良くなった。ただボールを動かすスピードは足りなかった。」

「今日のアルトゥールはもっとサイドを使うべき時に、ボールを前に運ぼうとし過ぎていた。しかし彼はフィットネスの観点からも良くなっている。ディバラも調子を上げている選手だ。しばらく離脱していたので、調子を取り戻すには時間が掛かる」

「デ・リフトの復帰は私たちにとって重要だ。彼がいるとよりアグレッシブにプレーでき、ポゼッションでも助けてくれる。彼はまだ20歳だが、既にキャプテンのクオリティを持っている」

マタイス・デ・リフト

「今日はトリッキーな試合だった。フェレンツヴァーロシュはチームとして非常に堅固で、ラインの間でプレーするのが難しかった。もっと早くボールを動かして、高い位置でプレスを掛けないといけない。もっと大胆にプレーすれば多くのチャンスを作れると思う」

関連項目