Gallery 11 Udinese Juventus 2 maggio 2021

プレスルーム | ウディネーゼ戦後のコメント

SHARE
プレスルーム | ウディネーゼ戦後のコメント
プレスルーム | ウディネーゼ戦後のコメント
プレスルーム | ウディネーゼ戦後のコメント

ユヴェントスは日曜日の午後、試合終盤のクリスティアーノ・ロナウドの2得点でウディネーゼを下した。アンドレア・ピルロ監督とレオナルド・ボヌッチが試合後、劇的な逆転勝利を振り返った。

アンドレア・ピルロ監督

「我々は努力と誇りによって、この勝利を掴み取った。特に今日の他試合の結果を考えると、非常に重要な勝利だった。集中の欠如により自分たちで試合を難しくしてしまったが、その後は結果を出すための強い意欲を見せることができた。最後までその意欲が見られたことは、非常に重要だ。何があってもチャンピオンズリーグ出場権を得ないといけないことは理解している。我々は強いチームであり、目標を達成するために戦いたいと思っている。最後の歓喜からも分かるように私たちは団結しているが、まだ重要な試合があるのでここがスタート地点にならないといけない。インテルとコンテを祝福したいと思う。彼らは素晴らしいシーズンを過ごし、優勝に値した。我々にとっては9連覇の終わりだが、また新たなサイクルが始まる。再びスクデットを目指して戦いたい」

レオナルド・ボヌッチ

「今日は勝ち点3を得られたが、まだシーズンは終わりではない。あの10分間で満足してしまえば、それは僕たちがメッセージを理解していないということになる。チャンピオンズリーグ出場権を獲得しコッパ・イタリアを制するという目標を達成するための強さを見つけないといけない。試合というのは一瞬で決まるものだ。僕たちは序盤にゴールを与えてしまい、終盤には同じことが相手に起きた。多くの試合の後で、あのような瞬間や細かい部分に集中力をキープしないといけないし、今まではその部分で多くの勝ち点を落としてきた。今日は勝たないといけない試合だった。プレッシャーが強すぎたということはないけど、僕たちにはいつも何かが欠けていた。今日の最後の10分間ではそれも見せて、勝つことができた。インテルの優勝については、彼らを祝福するよ。最も安定したチームであり、今季最も強いチームだということを証明した。ただ今日からまた新たなチャプターが始まるし、9年間保持したタイトルを取り返すための強さとハングリーさを持たないといけない。ユーヴェはいつも蘇るし、今日はそれを示せたと思う」

関連項目