Intervista Mister Pirlo

プレスルーム | ボローニャ戦後のコメント

SHARE
プレスルーム | ボローニャ戦後のコメント
プレスルーム | ボローニャ戦後のコメント
プレスルーム | ボローニャ戦後のコメント

敵地でボローニャを4-1で下したユーヴェは、今季セリエAを4位で終え来季チャンピオンズリーグ出場権を獲得した。キエーザとラビオ、モラタ(2得点)がゴールを挙げて掴んだ勝利を、指揮官とキャプテンが振り返った。

アンドレア・ピルロ監督

「昨夏この仕事を始めた私にとって、コッパ・イタリアを制しチャンピオンズリーグ出場権を獲得してシーズンを良い形で終えることは重要だった。私は常に全力を尽くし、これがその結果だ。ディバラのような選手は、どんなチームであってもレベルを変える力を持っている。残念ながら彼を起用できる機会は少なかったが、彼の能力は誰もが知っている。未来に目を向けると、ユーヴェはもっと強くなるし、その強さを自覚していくだろう。ラビオはシーズン終盤に驚異的な活躍を見せ、世界レベルでもユニークなミッドフィールダーであることを示したと思う。私も選手をよりよく知り、彼らが100%の力を出せる状況を作ることができた。私たちは正しい道を進んでいるが、違いを作るのは犠牲を払う気持ちだ。それさえあれば、結果はついてくる」

ジョルジョ・キエッリーニ

「今日の試合には多くのものが掛かっていた。完璧なアプローチができたけど、運命は僕たちの手の中にはなかったんだ。多くの困難があったタフなシーズンを、良い形で終えて2つのトロフィーも勝ち取れた。来季も僕たちが戦うべき大会でプレーすることができる。今日の試合は今季と来季両方のために非常に重要だった。これで喜ぶことができるし、監督のためにも嬉しいよ。失うものは無かったから、今日の試合へのアプローチは他の試合よりも簡単だったね。ミラン戦の敗北で目を覚まして、その後強い意欲を見せていくつかの重要な勝利を収めることができた。嬉しいよ。2週間前のミラン戦の後には不可能に思えたから、4位でのフィニッシュは祝うべきことだ」

関連項目