Targa-Heysel

ヘイゼルの悲劇から36年

SHARE
ヘイゼルの悲劇から36年
ヘイゼルの悲劇から36年
ヘイゼルの悲劇から36年

年月が過ぎても、心の痛みは変わりません。

1985年以降、5月29日は沈黙と追悼の日です。あの日、忘れがたい90分間の興奮となるべきだった一夜は歴史に残る悪夢となってしまいました。

普段であれば喜びとスリルが溢れるはずのヘイゼル・スタジアムでの試合は、代わりに恐怖と痛みの記憶となったのです。

36年が経った今も、1985年5月29日の悲劇の痛みは消えることはありません。今日、私たちの想いは全ての被害者とその家族とともにあります。

彼らの記憶は私たちの中に生き続けます。

関連項目