_F1A6945_366a427c-14eb-47da-be2d-1ad1e70c2fd8

ベンフィカとの点の取り合いに敗れる

SHARE
ベンフィカとの点の取り合いに敗れる
ベンフィカとの点の取り合いに敗れる
ベンフィカとの点の取り合いに敗れる

ユヴェントスは25日、敵地でのベンフィカ戦に3-4で敗れてチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出を逃した。前半からリードを許し、終盤に1点差に迫ったものの追いつくことはできなかった。

前半に3失点

ベンフィカがリードを奪ったのは17分、ショートコーナー後のクロスにゴール前中央のアントニオ・シウヴァが頭で合わせてゴールネットを揺らした。

ユーヴェもその4分後にコーナーキックから反撃、ダニーロが頭で合わせたボールにヴラホヴィッチが詰め、弾かれたボールを最後はキーンが押し込んだ。当初はオフサイドと判定されたプレーがVARの介入によりゴールと認められ、ユーヴェは同点に追いつくことに成功した。

しかし3分後にクアドラードがペナルティエリア内でのハンドによりPKを献上、これをジョアン・マリオに決められて再び1点ビハインドとなった。

さらに35分には素早い攻撃を仕掛けたベンフィカのラファ・シウヴァに鋭いクロスをゴール前で押し込まれ、3失点目を許した。

_F2A7820_ab615cd3-b9e6-4dce-9d42-8174c8653aed

終盤に反撃

決勝トーナメント進出への希望を繋ぐためには4ゴールが必要となったユーヴェだったが、ハーフタイム後にもスルーパスを受けたラファ・シウヴァにシュートを決められ3点差をつけられる。

それでも諦めないユーヴェは77分にこの日がチャンピオンズリーグデビュー戦となったイリング・ジュニオールが左サイドを突破。クロスをミリクが上手くミドルシュートで叩き込んだ。さらにその2分後には再びイリング・ジュニオールがゴール前にクロスを送り生じた混乱の中から、最後はマッケニーがシュートを押し込んで1点差とした。

勢いに乗り前掛かりになったチームは86分にカウンター攻撃を受けラファ・シウヴァがシュチェスニーと1対1になる大ピンチを迎えたが、ポストに救われ5失点目は免れる。しかし最後まで追いつくことはできず、3-4で敗れて決勝トーナメント進出の可能性が潰えた。

ベンフィカ 4-3 ユヴェントス

得点者: 17’ アントニオ・シウヴァ (B)、21’ キーン (J), 28’ ジョアン・マリオ (B)、35’ & 50’ ラファ・シウヴァ (B)、77’ ミリク (J), 79’ マッケニー (J)

ユヴェントス: シュチェスニー;ダニーロ、ボヌッチ (59′ アレックス・サンドロ)、ガッティ;クアドラード (59′ ミレッティ)、マッケニー、ロカテッリ、ラビオ、コスティッチ (60′ イリング・ジュニオール);キーン (46′ ミリク)、ヴラホヴィッチ (70′ ソウレ)

サブ: ピンソーリョ、ペリン、ルガーニ、ファジョーリ

監督: アッレグリ

関連項目