_J025931_72f38ea4-7055-4055-b06f-36cbb0dd41fd

ボローニャに3-0の完勝

SHARE
ボローニャに3-0の完勝
ボローニャに3-0の完勝
ボローニャに3-0の完勝

代表ウィークの中断明けとなったボローニャ戦でアッレグリ監督は怪我から復帰したシュチェスニー、アレックス・サンドロ、ラビオ、ロカテッリを先発起用。攻撃陣にはミリクとヴラホヴィッチ、コスティッチが名を連ね、この3人がそれぞれゴールを挙げて3-0の勝利を収めた。

最初のチャンス

試合最初のチャンスは13分、左浅井殿コスティッチからのクロスにゴール前でフリーになったマッケニーが頭で合わせたがシュートは相手ゴールキーパーの正面を突いた。しかしその11分後、カウンター攻撃からコスティッチが均衡を破ることに成功する。

コスティッチが先制点

ミリクがハーフウェイライン付近でボールを奪い、ヴラホヴィッチが素早く敵陣内へとボールを運ぶ。そしてラストパスの先に走り込んだコスティッチが左足のシュート流し込み、ボローニャのゴールネットを揺らした。

その5分後にはアレックス・サンドロのクロスにミリクがボレーシュートで合わせる好機もあったが、相手ゴールキーパーにセーブされた。

UNO-DUE DA URLO!

ミリクは後半キックオフから5分後にもバーの上に外れるシュートを放ち、積極的に追加点を狙う。

すると58分、再びカウンター攻撃からミリク、コスティッチ、マッケニーが好連携を見せ、最後はヴラホヴィッチが近距離からヘディングシュートを決めてリードを広げた。

その4分後にはコーナーキックのチャンスの後に再びペナルティエリアに送り込まれたボールをミリクが決めて、3点差とした。

3得点で勝ち点3

ボローニャをシャットアウトしたチームは3-0の完勝を収め、代表ウィーク後に迎えた10月を勝ち点3でスタートすることに成功した。

ユヴェントス 3-0 ボローニャ

得点者: 24' コスティッチ (J)、58' ヴラホヴィッチ (J)、62' ミリク (J)

ユヴェントス: シュチェスニー;ダニーロ、ブレーメル、ボヌッチ、アレックス・サンドロ;マッケニー (60' クアドラード)、ラビオ (77' デ・シリオ)、ロカテッリ (77' ミレッティ)、コスティッチ (60' パレデス);ヴラホヴィッチ、ミリク (80' キーン)

控え: ピンソーリョ、ペリン、ガッティ、ルガーニ、ソウレ、パレデス、ファジョーリ

監督: アッレグリ

関連項目