_J011325

マッチレポート | アトレティコがコンティナッサで勝利

SHARE
マッチレポート | アトレティコがコンティナッサで勝利
マッチレポート | アトレティコがコンティナッサで勝利
マッチレポート | アトレティコがコンティナッサで勝利

アトレティコ・マドリードが7日にJTCで行われた親善試合を4‐0で制した。ユーヴェを知り尽くすアルバロ・モラタがハットトリックを決め、スペインのチームに勝利をもたらした。

前半に2失点

ロカテッリのロングシュートで始まった試合は、アトレティコが主導権を握った。10分、ジョアン・フェリックスのおぜん立てから昨季までユーヴェでプレーしたモラタが決めて先制ゴールを奪った。ディ・マリアのフリーキックなどで反撃を試みるユーヴェに対し、アトレティコはコケがアクロバティックなシュートを放ったがシュチェスニーがセーブし失点は免れた。

しかし前半終了間際に再びモラタにシュートを決められ、2点ビハインドで前半を終えた。

後半もアトレティコが支配

後半多くの選手を入れ替えたユーヴェは、後半も反撃の機会を活かせずレマルのフリーキックからモラタにハットトリックを許してしまう。さらにアディショナルタイムにはクーニャに4点目を許し、コンティナッサで大敗を喫した。

ユヴェントス 4-0 アトレティコ・マドリード

得点者: 10’, 43’, 52' モラタ、90'+1 クーニャ

ユヴェントス: シュチェスニー (46’ ペリン)、ダニーロ (68’ ルガーニ)、ボヌッチ (46’ ガッティ)、ブレーメル、アレックス・サンドロ (46’ デ・シリオ);ザカリア (46’ ラビオ、68’ バルビエリ)、ロカテッリ、ファジョーリ (46’ ミレッティ);ディ・マリア (70’ ロヴェッラ)、ヴラホヴィッチ、ソウレ

出番なし: ピンソーリョ、クドリグ、ダ・グラカ

監督: アッレグリ

関連項目