Match Juventus-Inter 11 Maggio 2022

延長戦の末にコッパ・イタリア決勝戦に敗れる

SHARE
延長戦の末にコッパ・イタリア決勝戦に敗れる
延長戦の末にコッパ・イタリア決勝戦に敗れる
延長戦の末にコッパ・イタリア決勝戦に敗れる

ユヴェントスは11日、ローマのスタディオ・オリンピコで行われたコッパ・イタリア決勝戦でインテルに延長戦の末に2-4で敗れ、タイトルを獲得することはできなかった。序盤に先制を許す苦しいスタートを切った後、後半に一度は逆転しながらもPKで追いつかれ試合は延長戦へ。PKを含む2失点で突き放され、トロフィーはインテルの手に渡った。

前半はインテルがリード

75回目のコッパ・イタリア決勝の序盤を支配したのはインテルだった。ボール支配で上回ると、7分に左サイドでボールを受けたバレッラが中に切れ込んでペナルティリア外から思い切りよく右足を振り抜く。カーブを描いたシュートは鮮やかにゴールネットに吸い込まれ、インテルが先手を取った。

ユーヴェも高い位置からプレッシングを仕掛け、徐々にペースを握ってチャンスを作り始める。23分にはディバラがクアドラードからのパスを上手くコントロールしてペナルティエリア内に侵入しシュートを放ったが、ハンダノヴィッチにキャッチされた。直後にヴラホヴィッチがディバラからのパスを受けてペナルティエリア左側から強烈なシュートを放った場面も、インテルの守護神の好セーブに阻まれた。

31分にベルナルデスキのコーナーキックに頭で合わせたデ・リフトのシュートもハンダノヴィッチにセーブされ、前半は1点ビハインドのまま終了した。

一気に逆転

後半に入ってもユーヴェの勢いは衰えず、ボールを支配して相手ゴールに襲い掛かる。すると50分、アレックス・サンドロが強烈なシュートを放ち、遂にハンダノヴィッチの守るゴールネットを揺らす。さらにその2分後にも素早いカウンター攻撃から最後はヴラホヴィッチが決めて、ユーヴェが一気に逆転に成功した。

PKで同点弾を許す

1点リードで迎えた終盤、ペナルティエリア内でボールを持ったラウタロ・マルティネスをボヌッチが倒したとして、インテルにPKが与えられる。これをチャルハノールにポストの内側を叩く完璧なコースに決められ、勝負の行方は延長戦に持ち込まれた。

延長戦で2失点

延長戦キックオフから7分後、今度はデ・リフトがファウルを犯したとしてインテルにこの日2回目のPKが与えられる。ペリシッチがキックを成功させ、インテルがリードを奪った。ペリシッチはさらにその3分後にも豪快なシュートを叩き込み、ダメ押しとなる4点目のゴール。ユーヴェは互角以上の戦いを演じたものの、延長戦で力尽きる形となりトロフィーを掲げることはできなかった。

ユヴェントス 2-4 インテル(延長)

得点: 7' バレッラ (I)、50' アレックス・サンドロ (J)、52' ヴラホヴィッチ (J)、80' チャルハノール (I)、99' & 102' ペリシッチ (I)

ユヴェントス

ペリン; ダニーロ (42' モラタ)、デ・リフト、キエッリーニ (84' アルトゥール)、アレックス・サンドロ (90' ペッレグリーニ);ザカリア 67' ロカテッリ)、ラビオ;クアドラード、ディバラ (100' キーン)、ベルナルデスキ (67' ボヌッチ);ヴラホヴィッチ

サブ: シュチェスニー、ピンソーリョ、、ルガーニ、アケ、ニコルッシ・カヴィーリャ、ミレッティ

監督: アッレグリ

インテル

ハンダノヴィッチ;ダンブロージオ (63' ディマルコ、116' バストーニ)、デ・フライ、シュクリニアル;ダルミアン (63' ダンフリース)、バレッラ、ブロゾヴィッチ、チャルハノール (90'+1 ビダル)、ペリシッチ;ジェコ (63' コレア)、マルティネス (90'+1 サンチェス)

監督: インザーギ

関連項目