_J028108

最終節に勝利しチャンピオンズリーグ出場権を獲得!

SHARE
最終節に勝利しチャンピオンズリーグ出場権を獲得!
最終節に勝利しチャンピオンズリーグ出場権を獲得!
最終節に勝利しチャンピオンズリーグ出場権を獲得!

ユヴェントスは23日、セリエA今季最終節でボローニャを4-1で下し、ナポリがヴェローナと引き分けたため4位に浮上し来季チャンピオンズリーグ出場権を獲得した。キエーザが序盤に先制点を奪うとラビオ、モラタがリードを広げ、後半にもモラタが自身2点目のゴールを挙げて最終戦を快勝で飾った。

前半から試合を支配

水曜日にコッパ・イタリアを制したビアンコネリは、勝利でシーズンを締めくくるべく立ち上がりから積極的な姿勢を見せる。キックオフから5分後、モラタがゴールライン間際で残したボールをクルゼフスキがゴール前へグラウンダーのパス。ラビオのシュートがクロスバーに当たって跳ね返ったところをキエーザが押し込んで、ユーヴェが幸先よく先制に成功した。さらに29分にはディバラが巧みなドリブルで相手ディフェンダーを翻弄し、深い位置からゴール前のモラタへ浮き球のラストパスを送る。スペイン人ストライカーがこれを難なく頭で押し込んで、リードを2点に広げた。さらに前半終了間際にはクルゼフスキのアシストからラビオが3点目のゴール。大量リードを奪ってハーフタイムを迎えた。

モラタが4点目のゴール

後半キックオフ直後にはスルーパスに抜け出したボローニャのパラシオにシュートを流し込まれたが、オフサイドの判定。するとその直後、最前線でうまくロングパスを収めたモラタが自ら持ち込み、左足の力強いシュートで自身2点目のゴール。リードを4点に広げたユーヴェはその後もキエーザとディバラが次々に惜しいシュートを放つなど、攻撃の手を緩めない。モラタはクアドラードのクロスからハットトリックのチャンスもあったが、シュートはサイドネットの外側に外れた。その後ピルロ監督は今季初出場となるピンソーリョをシュチェスニーに代えて投入、80分にはクルゼフスキがカーブを掛けたシュートでゴールネットを揺らしたがオフサイドにより得点は認められなかった。終盤にオルソリーニに1点を返されたものの、危なげなく4-1でボローニャを下したチームはヴェローナと引き分けたナポリを抜いて今季セリエAを4位で終えた。

ボローニャ:スコルプスキ;冨安、メデル、スマオロ、デ・シルヴェストリ;スハウテン、スヴァンベリ;スコフ・オルセン、ヴィニャート;パラシオ

ユヴェントス:シュチェスニー (ピンソーリョ 67’);クアドラード、デ・リフト (ボヌッチ 46’)、キエッリーニ (マッケニー 58’)、アレックス・サンドロ;クルゼフスキ、ダニーロ (ベルナルデスキ 67’)、ラビオ、キエーザ (アルトゥール 58’);ディバラ、モラタ

控え:ブッフォン、デミラル、フラボッタ、ファジョーリ、クリスティアーノ・ロナウド、フェリックス・コレイア

関連項目