Match Atalanta-Juventus 13 febbraio 2022

終盤に追いつきアタランタと引き分け

SHARE
終盤に追いつきアタランタと引き分け
終盤に追いつきアタランタと引き分け
終盤に追いつきアタランタと引き分け

ユヴェントスは13日、敵地ベルガモでアタランタと1-1で引き分けセリエA11試合負けなしとなった。ヴラホヴィッチ、ディバラ、モラタの3トップを起用したチームは後半にマリノフスキに先制点を許したが、試合終了間際にダニーロが同点ゴールを決めた。

インテンシティの高い前半戦

最初のチャンスを作ったのはヴラホヴィッチ。キックオフから3分後に左足でゴールを狙ったが、GKスポルティエッロにセーブされた。新加入のストライカーはその後もマッケニーのクロスに頭で合わせるなど、積極的にアタランタゴールを脅かした。14分にはマッケニーからのパスを受けたディバラが右サイドから切れ込み左足でシュートを放ったが、わずかにゴール左に外れた。

アタランタも徐々にペースを掴み、コーナーキックからデ・ローンがシュート。コープマイネルスが抜け出しムリエルが決定機を迎えた場面はボヌッチがカバーに入り失点を防いだ。またデ・リフトもボガのシュートを2度に渡りブロックし、アタランタのゴールを許さず。前半は両チーム無得点で終了した。

マリノフスキが豪快な先制点

後半の序盤はアタランタが優位に立ち、デ・ローンがシュートを放った。ユーヴェはモラタとディバラがヴラホヴィッチとのコンビネーションを見せたが、セルビア代表ストライカーのシュートは枠外に外れる。

そして76分、アタランタがフリーキックのチャンスを得ると、途中出場のマリノフスキがパワフルな長距離シュートを突き刺してホームチームが先制した。

ダニーロが同点弾

アッレグリ監督はボヌッチとマッケニーに代えてクアドラードとキーンを投入。1点ビハインドのまま経過していったが、ユーヴェは後半アディショナルタイムにコーナーキックを獲得すると、ディバラがゴール前に上げたボールにダニーロが飛び込む。力強いヘディングシュートがゴールネットを揺らし、 試合終了間際に同点に追いつくことに成功した。1-1の引き分けで勝ち点1を獲得し、チームはこれでセリエA11試合負けなしとなった。

アタランタ 1-1 ユヴェントス

得点: マリノフスキ (A) 76'、ダニーロ (J) 90+2'

アタランタ

スポルティエッロ;ジムシティ、デミラル、トロイ;ザッパコスタ (60' メーレ)、フロイラー、コープマイネルス、デ・ローン、ハテブール、ボガ (90+1' パシャリッチ)、ムリエル (60' マリノフスキ)

監督: ガスペリーニ

ユヴェントス

シュチェスニー;ダニーロ、ボヌッチ (79' クアドラード)、デ・リフト、デ・シリオ;マッケニー (81' キーン)、ロカテッリ、ラビオ (86' アルトゥール);ディバラ、ヴラホヴィッチ、モラタ (86' アケ)

サブ: ペリン、ピンソーリョ、ルガーニ、アレックス・サンドロ、ペッレグリーニ、ザカリア、カイオ・ジョルジ

監督: アッレグリ

関連項目